アイコン 3月、消費で減ったもの、増えたもの 外出自粛の巣篭もり生活

 

 

外出自粛・新コロナ感染症の影響を受けた3月の家庭の消費支出額は、前年同月を6%下回り、5年ぶりの大幅な減少となった。

<巣篭もりで大幅に減ったもの>
減ったものは旅行 行楽 外食・化粧品
パック旅行への支出が前年比▲83%減、
ホテルなどの宿泊額も▲55%減。
遊園地の入場料と乗り物代が前年比▲86%減、
映画や演劇の入場料も▲69%減。
航空運賃への支出が▲84%減、
鉄道運賃支払いは▲65%減、
鉄道では通学定期代は▲56%減、通勤定期代も▲26%減、休校やテレワークによるものと見られる。
外での飲酒代は▲53%減、
外食代は▲30%減。
化粧品の乳液は▲28%減、口紅も▲22%減。外出自粛で使用する機会が減った。

<巣篭もり家庭で購入増のもの>
暇つぶしのゲーム爆売れ
ゲーム関連支出、ゲーム機は+165%増、ゲームソフトも+157%増と、前年の2倍以上の支出。「ニンテンドースイッチ」の国内向けの出荷が、中国での生産体制の増加ができず一時停止となるなど、外出自粛によるいわゆる「巣ごもり需要」によるもの。

自炊組の増加
パスタが+44%増、
即席麺が+30%増、
冷凍調理食品が+22%増
コメ+15%増、
生鮮肉も+10%増。

新コロナ対策用品
マスク・アルコール消毒剤などは、品不足で買うにも買えず+17%増にとどまった。
シャープが第2回目となる6万箱を5月3日ネット抽選販売したが、応募者数は210万人という異常さが続いている。

追、即席ラーメンを近くのディスカウトストアへ買いに行ったが、パックものがなく、値札の表示価格は通常の5割高となっていた。それでも商品は売り切れ、バラ売りがあったが軒並み1個100円以上だった。
日清食品が儲けているのか・・・、問屋が儲けているのか、店舗が儲けているのか・・・何れ天罰が降りることだろう。


 

[ 2020年5月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産