アイコン 4月の中国製造業の生産状況 急回復

 

 

中国国家統計局の調査によると、4月24日の時点で、工業の84.6%が通常の生産レベルの半分以上に達しており、4月初めから4.1ポイント上昇し、60.8%が通常の生産レベルの80%以上に達している。これは4月初めから9.6ポイント上昇している。

4月の工業生産は前月の1.1%から3.9%に増加した。すべての主要な産業で減少から増加した。1月から4月間の生産は前年比▲4.9%減で、第1四半期(1~3月)から▲3.5ポイント減少した 。

鉱工業生産は再開し続けている
国家統計局は、4月の工業生産データを次のとおり説明している。
4月、中央政府が新コロナ感染症の防疫と制御、および経済社会開発のためのさまざまな政策と対策の実施を調整したため、経済社会秩序はさらに回復した。
工業生産の前年比成長率は、減少から増加に変わり、ほとんどの産業、製品、地域の成長率はマイナスからプラスに転じた。
しかし、1月から4月までの累積的な観点から、工業生産の減少はさらに明白であり、工業経済への下方圧力はさらに大きいとしている。

ほとんどの産業と地域が成長を遂げており、製品の成長は拡大し続けている。

業種別では、4月は41の主要業種のうち28業種が付加価値の前年比増加を実感し、伸びた業種は前月より12 業種増加、33業種は前月より生産が加速または減少した。

地域別では、31省のうち27市(自治体および自治区)が前月から9増加した成長を遂げた 。

製品別では、統計に含まれる612の工業製品のうち、367の製品が前月から140の増加、60.0%の増加、前月から22.9パーセント・ポイントの増加を達成し、429の製品の成長率が加速または減少した。

設備製造業は、大幅に改善し、自動車生産は大幅に回復した。
4月の機器製造業界の付加価値は、 先月の▲3.6%の減少と比較 して、前年比で9.3%の増加となった 。 その中で、自動車製造業界は、先月の▲22.4%の減少と比較して5.8%増加した。
特殊機器、計装、電気機械、金属製品、および一般機器業界はすべて、7.55%から14.3%の 間の成長率で、マイナスからプラスに転じた。
コンピューターエレクトロニクス鉄道、船舶、航空宇宙産業は それぞれ 11.8% と5.77%成長し、成長率は2ヶ月連続で加速した。
製品面では、
4月の自動車生産は210万台で、前年同月の成長率は 先月の▲43%減から 5.1%増に変わり、
産業用ロボットは26.6%増加、
発電機セット、掘削機、コンクリート機械、光ケーブルはすべて増加した。
成長率は40%を超え、成長率は先月よりも10パーセントポイント以上速くなった。
コンピュータ、集積回路、貨車、民間鋼船の成長率は29.2%から115.6%で、先月よりも大幅に速くなっている。

ハイテク製造の生産は、加速し続け、新興製品は急速に成長している。
4月、ハイテク製造業は前年比10.5%増加し、成長率は前月から1.6ポイント上昇した。
その中で、コンピュータおよびオフィス機器製造業界は25.7%増、医療機器および機器製造業界は22.2%増加し、成長率は15%以上と大幅に加速した。
電子および通信機器製造業界は9.7%成長し、急速な成長を維持し続けた。
電子製品の新興製品の中で、3D印刷装置は344.7%増、スマートウォッチは127.4%増、ソーラー産業用超透明ガラスは57.6%増、炭素繊維とその複合材料は47.3%増、スマートブレスレットおよびその他の新材料31.2増となっている。

基礎原料産業は
大幅に回復し、セメントと粗鋼の生産量が増加した。
投資需要は徐々に回復し、インフラの建設は加速し、原料産業はより速く回復した。
4月に、非金属鉱物鉱業および非金属鉱物製品産業は、それぞれ前年比でマイナスからプラスの成長率に増加し、それぞれ5.5%および4.2%増加した 。
非鉄金属、鉄鋼、化学産業は、それぞれ6.9%増、4.6%および3.2%増加した。

石油化学産業の生産は、国際的な原油価格の影響により引き続き減少したが、減少は大幅に縮小した。

消費財業界の生産は
引き続き増加し、医療および流行防止材料は引き続き急速な成長維持した。4月に、製紙および食品産業はそれぞれ前年比7.9%および7.5%増加し、成長率は前月よりも7.1および 1.8 パーセントポイント高くなった。

印刷、農業および副業の食品、繊維、化学繊維およびその他の産業は、前年比でマイナスからプラスの成長率に増加した。ワイン、飲料、お茶、衣料品、家具、文化、教育、産業、美容、その他の産業が減少幅を縮めた。
医療防疫材料の生産は急速な成長を維持し、マスクの生産量は前年比で12倍に増加し、医療機器、器具、アルコールの 生産量は50%以上増加した。生活必需品や新コロナ対策品は引き続き十分に安定している。

4月も 鉱工業生産は回復を続けたが、1月から4月までの工業付加価値の累計は、前年比 4.9%減であり、ほとんどの産業と製品の成長率はマイナスだった。
在庫は増加し、利益は減少し、事業の困難は依然として高かったまま。
新コロナの産業経済への影響は継続しており、特に海外での流行の影響が現れており、産業経済への下方圧力は依然として大きい。
次のステップでは、引き続き「6つの安定性」を適切に実行し、「6つの保証」タスクを実装し、企業が生産と注文の回復を再開できるように支援し、産業経済を徐々に通常の運用に戻すよう促進する必要があるとしている。
以上、

いち早く新コロナから開放させた中国、独裁政権のなせる技だろう。

0518_08.jpg
 

[ 2020年5月18日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産