アイコン 4月の貿易収支 17ヶ月連続赤字 輸出▲21%減

 

スポンサード リンク
 

財務省が21日発表した4月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額は前年同月比▲21.9%減の5兆2,023億円だった。
2009年10月に▲23.2%減を記録して以来、10年半ぶりの落ち込み。
米国を中心に、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が大きく停滞したことが影響した。
輸出の減少は17ヶ月連続。

米トランプ大統領が仕掛けた世界貿易戦争、特に米中貿易戦争により日本の輸出は後退し続けている。新コロナウイルスの発生源と隠蔽問題により米中貿易戦争が再び激化する様相を示しており、すでにトランプ政権はファーウェイの輸出規制強化を図っている。当然、日本企業もファーウェイに大量に電子部品を納品しており、影響を免れない。やっと回復してきた中国経済向けの輸出である。

輸入額は▲7.2%減の6兆1,327億円。
この結果、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は▲9,304億円の赤字となった。赤字は3ヶ月ぶり。

国・地域別にみると、
対米国が▲37.8%減の8798億円となり、2009年7月(▲39.5%減)以来10年9ヶ月ぶりのマイナス幅となった。
対欧州連合(EU)は▲28.0%減、
新コロナ収束の対中国は▲4.1%減。

品目別では、
自動車や原動機の減少が大きかった。
輸入額は、原油価格の暴落もあり、サウジからの原油やオーストラリアからの石炭などが減少した。
ただ、中国からの輸入は11.7%増と9ヶ月ぶりの増加。このうち、マスクを含む織物用糸・繊維製品が3.3倍に拡大している。
財務省は、(新型コロナは)5月も収束しておらず、引き続き影響が出てくる可能性はあるとしている。
以上、

韓国では官庁のITC化が日本より100年先を進んでおり、4月の通関ベースの貿易統計速報は5月1日に発表されている。日本では各地の税関で、手作業で集計され、本省にファックスで送らせ、それを手作業でまた集計しているのだろうか。日本ではパソコンがまだ電子計算機として使用されているようだ。ソロバンより早いだろうが・・・。


0521_09.jpg

[ 2020年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産