アイコン 4月の消費者物価指数 ▲0.2% 原油価格下落

 

スポンサード リンク
 

総務省が発表した4月の生鮮食品を除いた消費者物価指数は2015年を100として101.6となった。これは前年同月比で▲0.2%下落し、3年4ヶ月ぶりにマイナスに転じた。

新コロナの世界的な感染拡大を背景に需要が減るとして原油価格が下がったことで、ガソリンが▲9.6%、灯油が▲9.1%、それぞれ下落した。

さらに外国人旅行者が大幅に減ったことでホテルなどの宿泊料が▲7.7%下落し、感染拡大による経済活動の低迷が物価にも影響を与えている。


スクロール→

 

年平均(前年比)

20年月次(前年同月比)

17

18

19

1月

2

3

4

総合

0.5

1

0.5

0.7

0.4

0.4

0.1

生鮮食品除く

0.5

0.9

0.6

0.8

0.6

0.4

0.2

生鮮食品及びエネルギー除く

0.1

0.4

0.6

0.8

0.6

0.6

0.2

 

上昇

食料生鮮野菜 11.2(0.20)・・・・・ キャベツ 48.2(寄与度0.05)など

外食 2.7(0.14)・・・・・ すし(外食)4.9(0.02)など

生鮮果物 8.3(0.08)・・・・・ りんご 24.9(0.05)など

菓子類 2.9(0.07)・・・・・ アイスクリーム 9.0(0.03)など

住居設備修繕・維持 4.6(0.14)・・・・・ 火災・地震保険料 9.3(0.06)など

交通・通信 交通 2.5(0.06)・・・・・ タクシー代 7.7(0.01)など

 

下落

光熱・水道 電気代 -2.7(0.10)

交通・通信 自動車等関係費 -1.8(0.15) ・・・・・ガソリン-9.6(0.21)など

通信 -2.1(0.08)・・・・・ 通信料(携帯電話)-4.1(0.08) など

教育授業料等 -15.8(0.35)・・・・ 幼稚園保育料(私立)-94.0(0.25)など

諸雑費他の諸雑費 -12.4(0.25)・・・・・ 保育所保育料 -58.1(0.29)

[ 2020年5月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産