アイコン 一人も感染者がいない北朝鮮に韓国政府、民間の防疫物資支援を認可

 

スポンサード リンク
 

韓国の民間団体が申請した新型コロナウイルス感染症対策に使われる防疫物資の北朝鮮への搬出を統一部が承認したことが分かった。統一部関係者が30日明らかにした。

学生運動団体「全国大学生代表者協議会」の初代議長で、ともに民主党前院内代表の李仁栄統一部長官が27日に就任してから、北朝鮮への物資搬出が承認されたのは今回が初めて。
ただ、北朝鮮側の受領者について、具体的な情報は公開しなかった。同関係者は「北側と合意書を締結したか、財源や輸送経路が確保されているかなど条件がそろったと政府が判断した場合、搬出承認を出す」と説明した。
これまで韓国政府は南北交流の透明性を向上させるため、北朝鮮側の契約の主体などを公開してきたことから、今回の物資搬出が論議を呼ぶことが予想される。

同団体は北朝鮮の北西部・平安北道にある学校や病院などに、体温を感知するサーモグラフィーを支給するため、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、サーモグラフィーを制裁対象から除外するよう申請。
制裁委は17日に除外を承認した。ただ、統一部が搬出を承認した物資にサーモグラフィーは含まれていなかった。
以上、

金大中・盧武鉉政権下、贈り物にこっそり忍ばせ、いろいろモノを贈るのだろう。当時、計30億ドルという巨額の銭を北朝鮮へこっそり送った朴智元が、今回、元韓国中央情報部(KCIA)が改称した「国家安全企画部」⇒さらに改称して「国家情報院」(略称:国情院)、そのトップに文氏が就任させている。
朴智元と李仁栄が組めば、北朝鮮へは山のようにプレゼントが渡されることだろう。北朝鮮に何を渡すか、わからない人たちである。まずは金正恩に忠誠を尽くすため、金の玉を送ることだろう。
巨額資金以外、誰も証拠をつかめずわからないのが文政権の独裁制の真骨頂である。


 

[ 2020年7月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産