アイコン 韓国・FA-50戦闘機アルゼンチン売却に難問 英国が反対

韓国の兵器開発は、常に海外輸出を念頭に開発されている。しかし、そこには韓国の不正体質が蔓延り思うように進んでいない。それに・・・

韓国が軽戦闘機FA-50をアルゼンチンに輸出する計画に支障が生じているという。
アルゼンチン政府の予算不足のために進まなかった事業が、今度はFA-50に対して6個の核心部品を供給する英国が輸出に反対を表明した。
このため輸出が白紙になるのではという懸念が出ている。

アルゼンチンのアグスティン・ロッシ国防相は9月30日、「FA-50戦闘機購入のために韓国航空宇宙産業(KAI)と対話をしている。今日、我々はFA-50の部品を生産する英国がわが国(アルゼンチン)に対する販売を禁止していると通知していることを知った。新しい帝国主義の標本」とツイッターに投稿した。KAIから受けた公文書の写真も掲載している。

英国はアルゼンチンの大西洋側南端近くにあるフォークランド島を領有しているが、1982年にアルゼンチン軍がフォークランド島に侵攻、英軍の反撃に合い撤退したものの、戦闘で英軍258人、アルゼンチン軍649人が犠牲となった。

スポンサーリンク
 

その後もアルゼンチンはフォークランド島の領土を主張し続け、英軍はフォークランド島に4機の最新ユーロファイターを常駐させている。一方、アルゼンチンの1950年代の戦闘機では戦いにならない現実がある。

それ以来、英国とアルゼンチンは犬猿状態、しかし、アルゼンチンは財政悪化が続いており、中国が大規模養豚場・加工場建設と全量輸入計画により急接近している(中国はアフリカ豚コレラ蔓延で大幅不足。アルゼンチン住民は環境汚染から猛反発しているが・・・)
そうした万年財政難に加え、今年は新コロナの感染爆発によりさらに悪化させており、国防どころではなくなっている。

アルゼンチンはFA-50戦闘機を8機購入検討、KAIと交渉に当たっていた。購買代金は総額8億4000万ドル(約920億円)を今後10年間に2度に分けて支払う案も浮上していた。
以上、

英国は、ダボハゼの韓国がアルゼンチンへ戦闘機を売却することにつき、アルゼンチンとフォークランドの領土問題を抱えており快く思わないのは確か。それも英国製の部品が搭載されていれば尚更のこと。真似ても安全や性能の問題に直接影響もする。
KAIが事前に調査しなかったことに起因しようが、調査しても輸出第一を標榜する韓国、英国部品の問題を無視した可能性もある。
最終的には米国の輸出承認が必要となる。
韓国のT-50練習機は米ロッキード・マーチンからKF-16戦闘機を購入する交換条件として、技術導入した韓国の戦闘練習機T-50、その派生型で軽戦闘機のFA-50。
戦闘機メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)が製造している。

1102_03.jpg


スクロール→

韓国産軽戦闘機「FA-50」 T-50練習機の派生型

スペック

乗員

2名

全長

12.98メートル

全高

4.78メートル

全幅

9.17メートル

重量

6441kg

最大離陸重量

1万1985kg

エンジン

GE F404-GE-102 ターボファンエンジンx1

推力

53.07kN(クリーン)/79.1kN(アフターバーナー)

実用上昇限度

14630メートル

最大速度

M1.5

航続距離

1851キロメートル/FAは半径444キロ

兵装

FAは5トン積載可能

最大制限荷重:

+8G/-3G

運用開始

2005年2月(ロッキードの技術提供でアップグレードされている)

製造

韓国航空宇宙産業=KAI/技術パテントはロッキード・マーチン・・・総合技術提供は60%とされている。

米ロッキードの技術が過半を占めており、輸出には米国の許可が必要

・フィリピンでは味方陣地を誤爆、一時使用停止となった。

 

[ 2020年11月 2日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧