アイコン 韓服論争 中国ゲーム会社 1週間で韓国から撤退

中国のゲーム会社Papergames(蘇州畳紙網絡科技有限公司)が自社のスタイリングモバイルゲーム「シャイニングニキ」の韓国版サービスを開始1週間で終了すると公示した。

Papergamesは5日午後11時58分、公式コミュニティーサイトの案内文に、韓国版サービスを終了する理由について「論議を呼んだ衣装セット廃棄公示を案内した後にも一部で依然として続く『中国侮辱』が限度を超えた」とし、「中国企業としてこうした行為を断固排撃して国家の尊厳性を守るため」と明らかにした。

Papergamesが韓国版サービスを突然終了する理由は「韓服」をめぐる批判のため。
10月29日にサービスを開始したPapergamesは、韓国の衣装を追加し、韓服を「韓国の伝統衣装」と紹介した。しかし、これを見た中国の利用者は「韓服は明国の漢服、朝鮮族伝統の衣装」とし、「なぜ中国の伝統衣装を韓国に先にアップデートをするのか」と抗議した。

批判が強まるとPapergamesは11月5日、韓服アイテムをゲームからすべて削除することにした。そして今後、いかなる国でも韓服アイテムは出さないと伝えた。
しかしPapergamesは、突然、中国に韓服アイテムを出しため、韓国で批判が出てきた。

 

Papergamesはサービス終了案内文で「最近の伝統衣装文化をめぐる批判に注目している」とし、「中国企業として私たちの立場は常に祖国と一致するという点を繰り返し強調したい」と伝えた。
そして「『衣冠制度は中国と同一』という観点を明らかにした以下の文の見解に同意する」として1件の文を共有した。
該当の文は、中国共産主義青年団中央委員会で書かれたもので、「韓国王室の衣装は、明国の皇帝が授与し、韓国は自主的な服装体系がなかった。韓国ドラマで登場する韓服は明国の衣装に基づいて改善されたものだ」というもの。

突然のサービス終了とPapergamesが共有した文の内容を見た韓国人はあきれるという反応。
韓国人は「韓国の侮辱するものだ」「韓服東北工程ゲーム」「二度とこのようなゲームはしない。サービス終了おめでとう」などとコメントし、怒りを表している。
以上

一方、最近は中国のテレビ番組で韓服がよく登場している。中国の史劇で韓服を着た侍女が登場したり、娯楽番組の出演者が韓服を着てアリランを歌ったりする。

これに対し「韓服をさりげなく自国の文化に編入しようとしているのでは」という韓国人の指摘が出ている。韓国人はツイッターに「#韓服チャレンジ」「#Korea-hanbok-challenge」のようなハッシュタグを付けて韓服の写真や絵を載せ、「韓服は韓国伝統衣装」というメッセージを広める運動をしている。
以上

韓服はモンゴル帝国の支配下にあったときに、朝鮮風漢服などがモンゴル色の胡服風に変化を遂げ、現在の韓服があるという説は納得できる(特に男性服が影響を受けているようだ)。

地球は韓国を中心に回っており、回っている以上は韓国の言うとおりだろう。

桜だって、日本はチベットあたりから中国へ日本へと昔々やってきて、変異して日本原種になったり、江戸時代からは改良に改良を加え現在の日本のある桜があるとしているが、韓国の場合は日本の桜は韓国の桜が原種だと言い張る。そのうち人類の祖先は韓国だと主張する時代が来るかもしれない。壇君が創ったのかも?

争うことがよほど大好きな国民のようだ。

 

↓モバイルゲーム/韓服/モンゴル服/中国唐服
  1106_03.jpg
 
↓中国・明服
1106_04.jpg
 

[ 2020年11月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産