アイコン 沖縄 米軍の大型ヘリからコンテナが落下 渡名喜島近くの海上で

報道によれば…

13日昼過ぎ、渡名喜島の近くの海上で、アメリカ海兵隊の大型ヘリコプターから軍事用コンテナが落下し、沖縄防衛局や県が情報収集を進めていることがわかった。

沖縄防衛局やアメリカ軍によれば、13日午後0時半ごろ、渡名喜島の近くの海上で、アメリカ海兵隊に所属するCH53ヘリコプターから吊り下げていた軍事用コンテナが落下。

コンテナは鉄製で、縦およそ2メートル、横2メートル40センチほどの大きさがあり、食料や燃料が入っていたという。

以上、報道より参照

 

 
 

ネットの反応では・・・

「コンテナはヤバすぎだろ、普通に当たったら死ぬわ」

「地元の人も怖いだろうな」

「そりゃ反基地になるわ」

「結構大きなコンテナだな、海上じゃなきゃ凄い音がしたろうね」

「アンチ反基地の人ら何かいってみて」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月14日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧