アイコン 魑魅魍魎の馬毛島 防衛省が160億円で購入決定 米軍機離発着訓練基地へ

 

 

防衛省が暗に違法開発させてきた鹿児島県の離島「馬毛島」を米軍の離発着訓練基地として160億円で買収契約締結する。
防衛省は、在日米軍の空母艦載機訓練の移転候補地にいつの間にか指定した鹿児島県の馬毛島について、島の大半を所有する開発会社から約160億円で買収する契約を結ぶ。

政府は、鹿児島本土から南に約1200キロ離れた小笠原諸島の硫黄島で行われている在日米軍の空母艦載機の離着陸訓練について、艦載機の部隊が神奈川県の厚木基地から山口県の岩国基地に移転したことに伴い、岩国基地に約400キロと近い鹿児島県西之表市(=種子島)の馬毛島を移転候補地とし、防衛省が、島の大半を所有する東京都内の開発会社と買収交渉を進めてきていた。

スポンサード リンク

防衛省は、土地の価格を約45億円と鑑定し、地権者側が買い取り額として求めた数百億円と大きな開きがあったが、訓練施設の移転を早期に実現する必要があると判断し、鑑定額に100億円以上上積みし、約160億円で買収することで地権者と大筋で合意した。
防衛省によると、土地の権利関係を整理する必要があることから、正式契約には数ヶ月かかる見通しだということで、政府は、引き渡しを受けたあと、自衛隊と米軍が共同使用できる施設を整備する方針。

防衛省は、買収額が鑑定額より100億円以上膨らんだことについて、硫黄島が本土から遠く離れておりアメリカ軍から、より近い訓練施設の整備を強く求められていたとしている。
債権者の申し立てにより形式上破産させた馬毛島を開発していた(株)タストン・エアポートは、すでに4200mと2400mの滑走路を建設している。所有者も例によって二転三転四転させている。

当初、島を伐採して更地にした違法開発に鹿児島県の現場サイトは裏を何も知らずおろおろ、裏が分かりダンマリを決め込んだ経緯がある。当島はバブル時代からいわく付き、石油備蓄基地建設構想や小笠原米軍基地の代替地として、裏の実業家や利権派の先生方が蠢いていた。当然、地元の重鎮も介在している。

過去記事抜粋
馬毛島は1995年に立石建設が住友銀行から会社売買という体裁で買収している。
島の旧所有者であった馬毛島開発会社は、住友銀行に吸収された平和相互銀行傘下の100%子会社だった。
平和相銀は島に、石油備蓄基地を誘致するため無人島のほぼ全域を買収したが、石油備蓄基地の誘致に失敗。その後自衛隊の レーダーサイト基地を誘致しようと工作中に平和相銀が経営破綻した。

既記事/「馬毛島、魑魅魍魎の欲望渦巻く島である。」
http://n-seikei.jp/2016/07/post-38650.html
http://n-seikei.jp/2010/08/post-4161.html

スポンサード リンク
[ 2019年1月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ