アイコン 積水ハウス 健康監視住宅開発へ 20年にも販売開始 各種センサー「見守りシステム」

 

 

積水ハウスは、脳卒中などによる自宅での突然死を防ごうと、病気の予兆をつかむ「見守りシステム」を持たせた住宅の開発に乗り出した。
1人暮らしのお年寄りなどが脳卒中や心筋梗塞などで、自宅で倒れると発見が遅れて突然死につながるケースが後を絶たず、いかにその予兆をつかむかが課題となっている。
寝室や浴室、それにリビングの壁などにセンサーを設置して、住んでいる人の心拍や呼吸などを計測し、異常があれば警備会社などに連絡が行く仕組みを想定している。

脳卒中の年間発症者数は約29万人とされ、その79%が「家」で起き、脳卒中の患者数は老若男女問わず日本では100万人を数えている。

スポンサード リンク

積水ハウスでは、こうした「プラットフォームハウス構想」実現のために、ハウスメーカーがこれまで追及してこなかったテクノロジーやナレッジが必要となる。サービスの開発・提供に当たっては、専門分野に特化した先進企業等と幅広くアライアンスを構築し オープンイノベーションを実現するとしている。
その「健康」に対する取り組みでは、NEC、NTTコムウェニカミノルタ、慶応大理工学部、慶大病院、産総研、日立製作所と今後一緒に検討を進め、2020年春の販売開始を目指し、様々な実証実験や臨床研究を進めるとしている。
以上、報道、リリースなど参照

 

スポンサード リンク
[ 2019年1月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ