アイコン 長崎市からの返事・・・

 

 

長崎市民の住民投票請求を5回も拒否した長崎市の田上課長市長は長崎市民には冷たいが、外国人には意味不明的な優しさを示している。

小川茂樹さんが原爆手帳の交付の件で、長崎市の担当部署に長崎新聞の紙面で質問していたが、その返答がチンプンカンプンだから田上課長市長は信用ならんというか、怪しからんという話である。

0201_02.jpg

きょうは、フェイスブックから小川さんの投稿と市民のコメントを紹介します。

スポンサード リンク


小川 茂樹
https://www.facebook.com/hakou.seirou

0118_10.jpg

【長崎市からの返事・・・】

先日、私が長崎新聞に投書した原爆手帳の交付の件で、長崎市の担当部署から紙面でお返事をいただきました。しかし、残念ながらよくわからない内容のお返事でした。

過去に、原爆手帳の取得の不正が取り沙汰され、審査の基準が厳しくなり、交付の条件に満たないと、無念のままお亡くなりになった日本人や外国人もいらっしゃるのですが、今回だけその大原則を曲げて、証言だけで交付することは、何らかの「忖度」を疑われても仕方がないことです。

今回の場合、90歳を超える老人の証言が、どれだけ鮮明な記憶を維持し得たのだろうか?という問題や、言語の翻訳の時点で何らかの意思や誘導が働いてはいないか?などを、正しく精査すべきだったろうと思います。

どちらにしろ、もう交付しているわけですから、何をか言わんです。

写真3

笹原 啓史 外国人には特に厳格にしなければならない。息吐くように嘘つく奴らがいて、しかも日本人の血税だぞ。

小川 茂樹 外国人であっても、取得基準に厳正に適合していたら粛々と発行すべきだと思います。しかし今回は、取得基準に適合してません。未来に遺恨を残します。

平川 琢朗 裁判では客観的証拠があった、というわけですね?

小川 茂樹 証人はいないし、証言だけです。三菱造船所で働いていたと言うなら、同僚が何百人といたはずですが、誰ひとりいないというのも解せませんし、平均寿命より10年も長生きしておられる。もう90超えです。そのお年で裁判できる精神力も持っておられる元気な方です。

Terumi Imamura その年齢で被爆者の認定に裁判までして取得にこだわる理由はなんなのでしょうね、

小川 茂樹 未来永劫のタカリですよ。

藤原 義正 私は広島市の被爆二世です。
父は、原爆症と診断された癌で逝去いたしました。
父は、二名の証人を得て昭和40年代に被爆者手帳をいただきました。
それまでは、被爆者として認められたくないために申請をしていませんでしたが、知人の勧めで申請しました。
その際、職場の上司と同僚が証人となってくださり、上司はその数年後にお亡くなりになられたので、父は「あの時申請していて本当に良かった」と言っておりました。
長崎市の判断は、全く不当だと思います。
証人がない場合は、これまでにも却下されています。
今回も却下が相当です。
過去に、被爆者でない者が偽りの証人を立てて被爆者手帳の交付を受け、給付金の詐欺を行って刑事告発された事例が沢山あります。
交付した長崎市は相当の責任を取っていただき、正当な職務執行をしていただきたいと思います。

小川 茂樹さんが返信しました

田浦 一郎 長崎の汚点です
残念です

吉田 克彦 なんでやねん。。。。((( ・Θ・) ♪

藤 薫 長崎市の持って居る客観的資料を公開して納得がいくまで説明して貰いましょうよ。

山神彦左衛門 日本国の中央政府も政府なら地方自治体も地方自治体も腐りきってますね。

スポンサード リンク
[ 2019年2月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ