アイコン 「甑島館」福岡市のアイ・ビー・キャピタルに補助金返還請求訴訟/薩摩川内市

 

 

鹿児島県薩摩川内市が上甑島のホテル「甑島館」に支出した補助金1億円を巡る問題で、薩摩川内市は24日、必要な実績報告書を提出しなかったホテル運営会社アイ・ビー・キャピタル(福岡市/代表はテクニカル電子創業者の本房周作氏)に対し、補助金返還を求める訴えを鹿児島地裁川内支部に起こした。
同日開かれた市議会の議員全員協議会で明らかにした。

補助金は、同社が2017年9月、雨漏りなどの修理費用の支援を薩摩川内市に要請。
薩摩川内市は「甑島館は甑島観光に不可欠」と判断、補助制度を新設して2018年1月に前払いで1億円を交付した。

ところが、同社は工期末の同年3月に改修実施を示す所定の実績報告書を提出しなかった。

スポンサード リンク

再三の提出の求めにも応じなかったため、薩摩川内市は「適正に使われたか確認できない」として補助金交付を取り消し、補助金の返還を求めて同社代理人の弁護士と協議していた。

ところが、同社は今年1月末での閉館を通知、薩摩川内市はこれ以上の協議は困難として提訴に踏み切った。

  甑島館はバブル崩壊後の国のバラ撒き大公共投資の一環で1996年に旧里村が建設。2004年の合併で薩摩川内市が引き継ぎ、2015年に同社に無償譲渡された。

薩摩川内市は2015年度にも改修費用などの補助金約6千万円を交付したが、その交付条件も守られていないとして、固定資産税の減免分と合わせて約7200万円の返還も求めるという。

永田一広副市長は「大きく期待して議会にも1億円の支出を認めてもらったのに残念で遺憾。こうした事態になったことを重く受け止めている」と述べた。
以上、報道参照

駐車場機器のテクニカル電子を創業した本房周作氏は、その後JQに上場させ、2014年に大和ハウス工業系の大和リースが、筆頭株主に、2018年2月にTOBにより完全子会社にしており、個人的にはお金をお持ちのようだが、そこは法人と個人の違いがある。

 

会社名
株式会社アイ・ビー・キャピタル
本社
福岡市博多区博多駅前四丁目36-29IBセンタービル7F
代表者
代表取締役 本房 周作
設立
平成1年8月
資本金
3,000万円
決算期
7月末
営業本部
福岡市博多区美野島2丁目1ー34
沿革
2015年 シティ環境サービスを合併
事業内容
・ベンチャー企業・独立希望者支援
・起業家育成の教育研修
・販売代理店育成の教育研修
・市場創出のマーケティング支援
・商品開発
・ビル管理・運営
・駐車場経営・運営・不動産賃貸業
・ホテル運営事業
 
 
<↓休館中のホテル「甑島館」>
0219_07.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2019年2月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ