アイコン 鬼のいぬ間に 元顧問弁護士 トランプは人種差別者で詐欺師と公聴会で証言

 

 

トランプ米大統領の元個人弁護士、マイケル・コーエン被告は2月27日、米下院監視委員会の公聴会で、証言の冒頭で「トランプ氏が何者であるかを知っている自分を恥じている。彼は人種差別主義者で、詐欺師だ」と言明し、「トランプ氏は、国を率いていく願望も意思もない。自分を売り込み、自分の富と権力を膨らませることを欲しているだけだ」と述べた。

被告は2016年の大統領選からトランプ氏の就任後にかけ、同氏の忠実な側近として知られていた人物。
トランプ氏とかつて関係を持った女性らへの「口止め料」をめぐる選挙資金法違反などで、昨年8月に有罪を認めた。
さらに、同11月には、モスクワでの「トランプタワー」建設計画をめぐり、議会で偽証した罪を認めている。

ロシアとのつながりが指摘される内部告発サイト「ウィキリークス」が、大統領選前にクリントン陣営の民主党全国委員会(DNC)の内部メールを流出させたことについて、トランプ氏が事前に知らせを受けた場面を見たと証言。
ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジが陣営幹部だったロジャー・ストーン被告に電話で流出を予告し、ストーン被告からの電話でそれを聞いたトランプ氏は「素晴らしいことじゃないか」と答えていたという。

スポンサード リンク

ストーン被告は、この件をめぐる偽証罪などで起訴されているが、これまで無実を主張し、ウィキリークスと連絡を取ったり、トランプ氏と話し合ったりしたことはないと述べてきていた。

コーエン被告は、また、トランプ氏の長男らが2016年夏、ロシア当局の関係者からクリントン氏にとって不利な情報を提供すると持ち掛けられ、ニューヨークのトランプタワーで面会した件についても、トランプ氏が事前に報告を受けていた可能性を指摘。
長男がトランプ氏に、「会合は準備万端」だと話していたという。
これが問題の会合を指していたとの確証はないものの、「トランプ・ワールドでは、何事もトランプ氏の認知と承認なしでは進まないことが分かっていた」と、被告は主張。

こうした証言内容について、ホワイトハウスのサンダース大統領報道官は、
「嘘をついて有罪になった人物の言葉を真に受ける人がいたら笑い種だ」
「この人物がまたもやうそを広めるチャンスを与えられるとは、哀れな姿だ」
などと語った。

一方、証言によると、トランプ氏は、大統領選の選挙期間中を通して、モスクワにトランプタワーを建てる事業計画に深く関与し、交渉の指揮を執っていたという。

コーエン被告は、同事業をめぐって議会に虚偽の説明をした罪を認めているが、これについてはトランプ氏から間接的に嘘をつくよう指示されたと証言。

トランプ氏本人が同事業のことで嘘をついたのは、「大統領選に勝つとは思っていなかったから。そして何億ドルもの儲けになる事業計画だったからだ」と指摘。

女性への口止め料に関しては、トランプ氏から払い戻しを約束されたと述べ、同氏の署名が入った2017年8月付の小切手を証拠として示した。

このほかにも、トランプ氏が卒業した高校や大学に対し、当時の成績を公表しないよう求めた書簡や、ベトナム戦争への徴兵免除の理由とされてきた「かかとの骨の損傷」が虚偽だったことに関する情報も提供した。

また、トランプ氏が、黒人に対する差別発言を繰り返していたとも証言。ある時は、車でシカゴの貧困地域を通過しながら、被告に「あんな生活ができるのは黒人だけだ」などと話し、さらに「黒人は頭が悪すぎるから、私に票を入れることはないだろう」とも発言したという。
以上、ロイター、CNNなど参照

トランプのツイッター砲は、今やフォロワー数が5800万人、どこのニュース社のニュースより強烈に炸裂する。意に反することはすべてフェイクニュースだと一蹴して終わるだろう。
しかし、民主党が過半を制する下院は、議会として一定の権力を有しており、ツイッター砲で攻撃しても反撃を受けることになる。

モラー特別検察官によるトランプ大統領のロシア疑惑捜査も終盤を向かえ、近く公表されるという。ただ、モラー氏はトランプが怖く、直接のヒアリングなどは行っておらず、また、ロシアが協力したわけではなく、米諜報機関のトップもトランプ色にすべて入れ替えている。状況証拠をいくら積み上げてもフェイクニュースだとトランプが一蹴すれば終わる。

ロシア疑惑からも開放されることになる。
それでも下院が立ちはだかり続けることになる。
来年は大統領選挙だ。
奇策は何を準備するのだろうか。

<トランプと文の相似性>
韓国の文大統領とトランプ大統領は同じ手法で、自らに忖度しない高官は首にし、自らの一色に染め上げ、絶対君主になることに一応成功している。

文大統領には得体の知れないロウソク民心、トランプ大統領には共和党最保守層というコアな支持層を有している。
トランプより文の方が、積弊清算と称し検察を私物化してことごとく、意に反する者たちを収監し、追放していることからしても悪質だろうが・・・。

トランプ同様、文在寅もフェイクニュースだと意に反する報道や野党議員の言動に対して、口撃を顕わにし、処罰さえ検討している(静かに北朝鮮の金正恩と同質化させてきている)。
そうして、外部に向けては、永遠と反日策動、メキシコ壁・経済敵中国という外敵を作り上げ、支持者たちを煽り、2人とも共に金正恩を溺愛している。
 

 
[ 2019年2月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ