アイコン 「レオパレス21」の不法建築を受け、類似会社も抜き打ち調査へ

 

 

国交省は、「レオパレス21」が建設した全国の建物で施工の不備が見つかったことを受け、同じようにアパート建設を手がけるほかの会社の建物でも同様の不備がないか調査を行う方針を固めた。

レオパレス21が、平成8年から21年にかけて建設した建物では、耐火構造が法律の基準を満たさないなどの不備が相次いで明らかになり、特に危険性の高い641棟の入居者、約7700人に転居を求める事態となっている。
国交省は、同様の問題が起きないよう、再発防止策を取りまとめることにしているが、これに向け、同じようにアパート建設を手がけるほかの会社の建物でも不備がないか調査を行う方針を固めた。

スポンサード リンク

一定の割合で建物を抽出し、耐火構造が法律の基準を満たしているかなどを調査する方針で、調査の具体的な規模や項目などについては、今月から開催する有識者による検討会で決める。

また、国交省はレオパレス21に対し、不備があった建物の補修を、今年10月までに行うとする会社側の計画を前倒しして、夏までに終えるよう求めていて、他社への調査と合わせて建物の安全性の確保に努めたいとしている。
以上、

安かろう、悪かろうがまかり通り、企業だけが儲ける現代NIPPON株式会社。

 

スポンサード リンク
[ 2019年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ