アイコン 米個人消費 0.9%増と大幅な伸び 自動車+ヘルスムア伸張

 

 

米商務省が29日発表した3月の個人消費支出(季節調整済み)は前月比0.9%増と、2009年8月以来の大幅な伸びとなった。自動車やヘルスケアの支出が増えた。市場予想は0.7%増だった。

一方、物価は約1年ぶりの小幅な伸びにとどまるなど、落ち着いた動きとなった。

個人消費は米経済の3分の2以上を占める。2月は0.1%増加。1月の数字は当初発表の0.1%増から0.3%増へ上方改定された。3月のインフレ調整後の実質消費支出は0.7%増だった。前月は横ばいだった。

スポンサード リンク

3月の個人消費支出は、26日に発表された第1・四半期国内総生産(GDP)統計の計算に組み込まれた。

個人消費は第1・四半期に年率で1.2%増と、1年ぶりの小幅な伸びにとどまった。

終盤の3月に個人消費が大幅に伸びたことは、第2・四半期に消費が加速していることを示唆する。

第1・四半期GDPは3.2%増だった。

 

3月の個人消費支出の内訳は、

モノが1.7%増と、前月のマイナスから持ち直した。

自動車などの耐久財が2.3%増加し、全体を押し上げた。

サービスは0.5%増。ヘルスケアが全体を押し上げた。

 

0430_12.jpg

 
[ 2019年4月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ