アイコン 韓国文政権大統領府 ハリス大使の追い出し作戦に成功か

 

スポンサード リンク
 

親中の文政権は、これまでに駐韓ハリス米大使とたびたび衝突し、大使に対して事あるごとに内政干渉だと攻撃してきたが、金融問題では米国が米韓スワップを締結して、金融崩壊を免れたのも束の間、当然だとする風潮を演出し一過性にし、駐留米軍負担金問題で対立を深め、交渉内容を逐次リークすることで米政権を揺さぶり続ける文政権。
かたくなな米政権は、駐留米軍基地で働く韓国人労働者8000人のうち半分の4000人を、4月1日から休職させている。

在韓米国大使館の報道官は9日、ハリス駐韓大使が近く辞任するとの報道について、「ハリス大使は、大統領の意思に従って職務を遂行しており、米国のため継続的かつ積極的に奉仕したいと思っている」とのコメントを出した。
 また、「大使が普段から話しているように、『韓国は米国大使にとって最高の勤務先であり、米国にとっては最高のパートナーで同盟』だ」と表明した。
「韓国政府の当局者はもちろん、韓国国民や独立性を保証されているメディアと積極的に意思疎通し、米韓同盟の強化に貢献したいというハリス大使の意志には変わりがない」と強調した。

先立ってロイター通信は、複数の消息筋の話として、ハリス大使が近く辞任する予定と報じていた。また、11月の米大統領選の後は韓国に滞在しないと伝えた。ハリス大使は日系米国人で、2018年7月に着任した。
以上、

韓国ではマスコミまで寄って集ってハリス大使のヒゲまで攻撃対象にしていた。
坊主憎くけりゃ袈裟まで憎いという、日本攻撃と何も変わらない次元。

親中従北の文政権、意に反するものには攻撃と差別を繰り返す文支持派と文指示のマスメディア。
ハリス米大使は公邸まで乱入され、韓国の警備体制もいいころ加減、安全面からも辞任する方が賢明だろう、疲れるだけ損。相手にするだけ時間の無駄。
韓国の法律はすべて文政権の意向により執行され、行政のほか司法までウリ研一色にした超独裁政権、権力への野望は北朝鮮と何も変わらない。
それでいて、文政権与党の議員たちや大統領府のスタッフたちは、韓国庶民とかけ離れた大金持ちばかりで優雅な人たちばかりだ。そのギャップがすごすぎて滑稽に思えてならぬ。

[ 2020年4月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産