アイコン 文在寅氏 一難去って再び動き出した日本タタキ

 

スポンサード リンク
 

新コロナ、韓国で一難去ったのかどうかはまだ分からない。これまでの感染例からしてステルス感染者がソウル首都圏にはかなりいると見られる。不法滞在者だけでも40万人、ほとんど首都圏にいると見られ、よほど健康悪にならない限り、感染検査も受けられず、表面化しない。水面下でそうした人たちがいろいろなところで働きながら、そのまま陰性化し、その間にいろいろな人たちに感染させている。

もはや韓国ソウルの繁華街では、まだ規制がかかっている一部店舗を除き終息したかのような大繁盛ぶり。ゴールデンウィークも済州島行きの飛行機は予約で満員御礼になっているという。

文大統領の支持率も新コロナ収束の論功褒章により68.5%まで高まっている。感情の激しい国だけに上げ下げも極端な面もある。
先の総選挙でも与党が論功褒章により圧勝、早速、国連制裁も無視して北朝鮮事業を始める算段だ。
当の北朝鮮は金正恩坊ちゃまが心臓手術がうまくいかず重体に陥っているという発信元不明の情報が世の中を飛び交っている。もしもの場合は妹の金与正氏が後継者になるそうだ。韓国大統領府は、こうした情報を無視するどころか、北朝鮮の代理人として一切否定している。韓国では、日本政府を相手取った慰安婦訴訟が審理に入った。当然、被告人の日本政府は不在だ。

 文在寅氏は先日、大型コンテナ船の襲名披露式に参加、再び李舜臣を取り上げ、12艘の軍船で日本軍に勝ったと力説したという。
李舜臣は、当初は確かに日本の部隊の水軍に勝った場面もあるが、朝鮮奥深く進駐した日本軍は、最後は豊臣秀吉が死亡し、進駐の日本軍は無条件撤退で朝鮮王朝と和睦し撤退を開始。しかし、臣下である李瞬臣は不服、朝鮮半島からの撤退部隊を急襲、港湾封鎖、小西軍が帰られなくなり、帰途の島津軍や立花軍が対馬海峡から引き返し、李舜臣の朝鮮水軍に加え中国水軍まで参戦して大海戦、結局、李舜臣は日本軍により殺され、中国水軍も大敗して逃げ帰っている。
戦争は最後がすべてだ。
文氏にはこの李舜臣が乗り移り、最後の無念を日本に対して晴らそうとしているようだ。朝鮮の和睦=条約を破ることは安土桃山時代からあったといえようか。
文氏は外交団と会うたびに李瞬臣の置物や旗を飾るという徹底振り。2018.10.10の韓国の国際観艦式、自衛艦を招待しながら、自衛艦の参加を国旗以外は認めないとし実質拒絶、挙句、大統領座乗艦では文氏の頭上に国旗のほかに李瞬臣旗をはためかせていた。

日韓間には、元徴用工問題、日本企業資産の処分問題、慰安婦問題、慰安婦像問題、GSOMIA問題、対馬仏像強盗拉致事件、官民挙げたジャパン・ボイコット問題等々・・・、問題は山積している。

韓国が日本と付き合いたくなければ、日本もまったく無理することもない。ただ、日本企業資産の処分では、適切なる対応措置も必要だろう。
日本は韓国を戦略物資のホワイト国からグレー国に陥落させており、いつでもその手が使えるようにはしている。
ただ、日本企業は日本政府の韓国政策とは裏腹に、韓国への独自進出や合弁進出の工場で戦略物資の現地生産化を強化させている。

韓国は米国にもてあそばせ、直接関与は相手が変わるまで関係放棄が賢明。変わらなければそれまでのことだ。
新コロナではグローバル化と叫んだ国々が輸出禁止措置、マスクだって日本企業が中国で生産している分が日本に入荷されなくなり、品不足に陥ったままだ。
WTOによるとそうした禁輸措置をとった国は80ヶ国に及ぶそうだ。

こうした経験を生かし、戦力物資とは何なのか、食料や物資安保とはどういうことなのか、肝に銘じるべきだろう。ICUでもこの間、5000室あまり削減させてきている。感染検査機器さえ老朽化したものから刷新されず、国さえ購入しないことから、医療機器開発企業もそうした機器を造らなくなり、今回の新コロナでは後手後手に陥っている。
新コロナ、神戸大震災、東日本大震災、集中豪雨、直撃する台風増など激甚災害・疫病、それにジャパン・ボイコットなど教訓化し、日本は常に何が必要なのか、明確にし続けていく必要がある。とにかく、永続的に更新するマニュアルを作成しておくべきだ。新コロナでのオロオロは日本国民を不幸にする。

韓国は日本と同じ考え方だと思うのは180度間違っている。
親の事業や財産をめぐり兄弟間で裁判を頻繁に起こす国であることからも伺い知れよう。つまり、利だけは共有しても価値観はまったく共有しない国だ。
裁判所は、文氏が大統領になったとたん、裁判所の判事たちを積弊清算にかけ、文派のウリ法研究会所属判事たちが最上から下まで要職を占め、判決など文氏の思い通りになる。文氏は弁護士であり司法には精通している。

韓国では、反日は今後とも強化されたままとなる。与党は総選挙でも反日を拠り所にした選挙戦だった。
日本はいちいち反応していたら時間はいくらあっても足りない。無視が理にかなっている。いちいち反応していたら感情豊かな韓国人と同化してしまおうことになろうか。

(韓国の各種数値は忖度しなければ長官でさえ首にする国、政策的に中国同様いろいろあると思われる)
文氏は日本との対立を煽る申し子のようだ。

[ 2020年4月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産