アイコン 玄武4号開発発射実験 2発中1発不発

 

スポンサード リンク
 

韓国の国防科学研究所(ADD)が最近、射程800キロ、弾頭重量2トンの新型弾道ミサイル「玄武4」の試射を初めて行ったが、2発の内1発は失敗したと伝えられている。

韓国軍は今年3月24日、忠清南道泰安郡の沖で弾頭ミサイル「玄武4」の試射を行った。
2発の内1発は目標水域である離於島北方60キロの海面に落下したが、もう1発は不発だったという。5月7日に複数の消息筋が明らかにした。
玄武4は2017年9月、それまで韓国の弾道ミサイルの射程を800キロ、弾頭重量を500キロ以下に制限していた米韓ミサイル指針の弾頭重力制限を、愚かなトランプが解除したことで開発が始まった。

信頼性に乏しい玄武3号、ソ連崩壊直後のドサクサに紛れ解体予定のイスカンデルを廃品扱いで密輸しパクッたのが玄武2号とされ、そっくりさん。
とにかく韓国製のミサイルはどこへ飛んでいくか分からないところが最大の脅威。2017年7月、北朝鮮のミサイル発射実験に珍しく激怒した大統領様は、時間差もほとんどなくして威嚇ため、実戦配備している韓国製迎撃ミサイルを発射させたが、今回同様、3発のうち1発が不発で飛んでいかなかった。ミサイルが体調不良でとんでもないところに飛んでいくより不発は安全の証となる。

[ 2020年5月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産