アイコン エンプレイス 韓国光州に工場進出

 

スポンサード リンク
 

韓国南西部の光州市は14日、東京に本社を置く自動車用カーナビやドライブレコーダーのエンプレイスが、同市に1000万ドル(約10億7000万円)を投資することを発表した。

エンプレイスは光州のピッグリーン産業団地への入居を確定させ、先ごろ1000万ドル相当の直接投資の届け出を済ませた。
同社は日本国内の取引先にカーナビやドライブレコーダーを納品しており、生活家電にも事業領域を広げている。

年内に韓国法人を設立し、同産業団地の約6600平方メートルの用地に工場を建て2021年12月から製品を生産する計画。
同社の金成鎬社長は「1997年に日本へ渡り、2004年から自動車部品事業を手掛けて技術開発に尽力してきた。対日外交の行き詰まりから投資決定は容易ではなかったが、光州が経済自由区域に指定されれば、外国企業の経営環境が改善し、人工知能(AI)産業と融合した産業プラットフォームにも加われるものと期待している」と話している。
以上、

在日企業が韓国で成功を収めれば、反日の現政権や韓国民から妬まれる関係にある。
光州市は、実質光州市立の自動車生産受託工場の建設に入っている。2021年には運営開始予定で、現代自動車と基本契約を取り交わしている。

ただ、文政権を支える過激な民主労総が現代自動車の労組を仕切っており、当工場反対を表明しており、一方、光州市は文政権と一体となり建設を進めている。
政治的な裏取引で収拾されようが、左派国家対左派労組の対決になる可能性もある。


 

[ 2020年5月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産