アイコン 韓国♯MeToo. KBS放送トイレに隠しカメラ

 

 

韓国で2018年に吹き荒れたMeToo運動、リーダーの女性たちは文政権から懐柔されいつの間にか消えていった。当運動では女性たちによる性暴行やセクハラ告発などが続き、韓国でノーベル賞候補とされた詩人から、芸能人、プロデューサー、知事まで粛清された。
ただ、最後のMeToo運動の集会デモでは、プラカードに「トイレに隠しカメラを設置するな」という単純明確なものだった。

ソウル永登浦署は5月31日、ソウル市永登浦区汝矣島洞にある公共放送KBS(日本のNHK)の研究棟内の女子トイレに隠しカメラがあるという通報を受け、捜査を進めていることを明らかにした。
研究棟はバラエティー番組「ギャグコンサート」の出演者のリハーサル室などとして使われている。
KBSなどによると、KBSの番組ディレクターが29日、「研究棟のトイレに隠しカメラがあるようだ」と局側に通報し、警察が捜査を開始したという。
匿名のKBS職員は「現場に出動した警察が隠しカメラを押収していったと聞いている」と話している。
以上、

KBSは国家の放送機関、日本語が入った歌詞などは、戦後から続く日本に対する文化規制により、今だ放送禁止になっている。
「ピカッ」というという擬音が入った歌さえ放送禁止、KBSで歌ったK-POPグループは韓国民から袋ダタキになっていた、それが韓国の日本に対する現実。

5月9日に逮捕された韓国史上最悪の組織的オンライン性犯罪「n番部屋事件」の“元祖運営者。女性に対して高額バイトとしてスマホやネットで裸などのH画像を送らせ、会員に閲覧させ金儲けするどころか、役所勤務の会員男性たちに女性たちの本住所を割り出させ、女性にH画像を公開するぞと脅し、会員男性らに強姦させるなど性奴隷にしていた事件も発覚している。
韓国の男女の初体験の平均年齢は13歳前後という韓国女性家族部(省)の調査もあり、その異常性を物語っているようだ。結果、女性たちが整形に走るしかないのだろう。

[ 2020年6月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産