アイコン 22日夜 脱北者団体 別働隊が風船ビラを北朝鮮へ向け飛ばす ヘリウムガス使用

 

スポンサード リンク
 

韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」の朴相学代表は23日、前日夜に北朝鮮を批判するビラを南北境界地域の京畿道・坡州氏付近から北朝鮮に向けて飛ばしたと明らかにした。
警察と軍ではまだ確認が取れていないようだ。

朴氏によると、自由北韓運動連合の会員6人は、京畿道・坡州市内で22日午後11時から約1時間にわたり、「6・25(朝鮮戦争)惨状の真実」と題したビラ50万枚と韓国の発展などを紹介する小冊子500冊、1ドル(約107円)紙幣2000枚、SDカード1000個を20個の大型風船にくくりつけて飛ばした。

朴氏に対する警察の監視が厳しいため、新規会員に方法を教え、真っ暗な場所を選んで散布させたという。

また、大型風船に注入するための水素ガスが押収され、調達も難しくなったため、代わりに高額なヘリウムガスを購入したとも語った。

北朝鮮は、脱北者団体のビラ散布を強く非難し、対抗する構えを見せるが、脱北者団体は散布の続行を表明している。

このため南北境界地域では緊張が高まり、警察がこれまでに飛ばした各地に総勢420人の警察官を配備し、24時間体制で警戒に当たっている。

22日夜のビラ散布に関し、警察と軍関係者は「事実関係を確認中」と述べた。
以上、

南の風が吹いていたら、どこからでも飛ばせる。軍事境界線は東西245キロあり、警察が取り締まるのは所詮困難。
ましてや、監視されている本体ではなく別働隊が動けば、別働隊そのものが、当局に把握されておらず、阻止することは無理。韓国では金さえ出せばいくらでも印刷もしてくれる。印刷を取り締まってもコピー機までは取り締まれない。

文氏が全権を掌握した今日、ヒトラーになり、ゲシュタボでも養成しない限り、法律を制定したところで、韓国の法違反を承知で飛ばすゲリラ戦を潰すことはできない。

すべては、昨年11月7日、文政権が国連条約に違反してまで、北朝鮮からの亡命希望者2人を屁理屈を付けて北朝鮮へ強制送還した問題が、脱北者団体やその支援者団体にあり、信用もしていない。

文政権は、米トランプ政権ともうまくいかず、手繰り寄せていた北朝鮮も離れて行き、例え米国が民主党政権になったところで、こうした人権問題は一番嫌うところでもある。
文政権の政治手法は、北朝鮮の全体主義に似通ってきている。
覆水盆に返らず。

今の韓国の国防長官だったら、高射砲かミサイルで撃ち落とす可能性もあるが、その後の砲弾やミサイルは北朝鮮に落下することになり、それこそ戦争状態に突入する可能性もある。
208年9月19日の軍事合意により、休戦ラインそれぞれ幅20キロ圏内での軍機の飛行を禁止しており、風船の近場での戦闘機やへりなどで撃ち落とすこともできない。
風船はレーダーにもかからないことから把握もできないことだろう。

2010年に砲弾の撃ちあいになった延坪島の対岸の北朝鮮のトーチカが開口しているという。これに対し、韓国の国防長官は、これまで使用していなかったので、湿気取りのため開口しているのだろうと悠長な見解を発表している。
文大統領は合同連絡事務所の爆破破壊にについて忍耐と表現、国防長官は湿気取りの発言では、北朝鮮から嘲笑され続け、相手にもされなくなる可能性も高い。

文氏はこれまで核問題もミサイル問題も米朝問題だとし韓国は関係ない態度を終始とっていたが、北朝鮮による事務所爆破で、北朝鮮の相手が米国ではなく、韓国であることをやっと理解したようだ。

 

[ 2020年6月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産