アイコン 朝鮮戦争70周年 韓国人4割以上が北朝鮮の責任なしと 盧+文政権の教育効果

 

スポンサード リンク
 

韓国の中央日報が朝鮮戦争70周年事業推進委員会、韓国政治学会とともに韓国ギャラップに依頼し1012人を対象にした世論調査の結果、韓国国民の10人に5人だけが北朝鮮が朝鮮戦争に最も大きな責任があると答えた、相対的に20代が60~70代よりも北朝鮮の責任を挙げる人が少なかった。

朝鮮戦争に最も大きな責任があると考える対象としては北朝鮮が56.9%。
続けて南北が11.8%、
米国が9.6%、
ソ連が6.8%、
中国が4.8%、
韓国が1.2%の順だった。
世代別では北朝鮮と答えた人が、
20代では44.1%だったのに対し
60~70代では71.6%
と27.5ポイントの差があった。

「朝鮮戦争を誰が起こしたのか」という質問に対し、
北朝鮮を挙げた割合は76.4%、
次いでソ連が5.1%、
米国が5.0%、
南北双方が3.5%、
中国が2.4%、
韓国が0.6%
の順だった。

北朝鮮と答えた割合は、
やはり20代で66.7%、
60~70代で85.4%
と18.7ポイントの開きがあった。

今回のアンケート調査では73.9%が朝鮮戦争がいつ起きたのか知っていると答えた。しかし「1950年」と正確に答えた人は64.3%だった。
3.7%は日本から独立した「1945年」と答え、26.1%は勃発年度を「わからない」と答えた。

正解率は男性が71.9%で女性の56.6%より多かった。
また、世代別に見ると
50代で79.6%と高く、
20代で45.6%
と最も低かった。

地域別では大邱・慶尚北道で70.9%、
光州・全羅道で70.1%
と相対的に正解率が高く、
首都圏の江原道で53.0%、
済州島で57.4%
とやや低くなった。

朝鮮戦争が起きて70年となり韓国でもますます「忘れられた戦争」になっていくのではないかとの懸念が出ている。

今回の世論調査の設問を作った韓国政治学会のオム・ギホン教授は「50代の場合、韓国戦争を直接体験した親の世代から伝え聞いており、反共教育を通じ徹底して習った。世代が若くなるほど戦争世代と遠くなり、反共教育も有名無実化して正確な認識ができなくなっている」と分析した。
以上、
回答の結果は、盧武鉉政権、大番頭の文在寅(現大統領)による徹底した反日従北教育にある。
当然、文政権は間違った解答への教育指導などするはずもなく、朝鮮戦争の責任は韓国民の4割以上が北朝鮮の責任ではないとし、約1割が米国の責任としており、文氏はニンマリだろう。
朝鮮戦争では、米国が参戦しなかった場合、今のK-POPPに浮かれる韓国民はおらず、叔父でも義兄で容赦なく粛清し、国民の前で公開処刑する北朝鮮ということになる。

金日正も驚くほど韓国軍はひ弱で敵前逃亡続出、逃げ散らかし、あまりに早く韓国南部まで侵攻し、北朝鮮の補給線が伸びきったため、攻撃の手を緩めたためたことにより、米軍の侵攻を招いた。首都漢城に韓国民を放置していち早く釜山に逃げたのはこともあろうに李承晩大統領であった。

多大な犠牲が出た米軍の仁川上陸作戦により、残った釜山など南部から米軍が逆攻勢による挟み撃ち作戦により北朝鮮は軍を引いたが、今度は米軍が日本への空襲の惨劇を北朝鮮で再び演じ、北朝鮮国民100万人以上が亡くなった。そうした教訓から、北朝鮮は全土にトンネルを掘り、空襲に耐える体制を講じている。
米軍は中国国境付近まで北朝鮮軍を追い詰めたところで、毛沢東が息子らに解放軍から義勇兵を組織させ、中国が参戦し、泥沼状態に陥った。
当時の韓国軍と現在の韓国軍は何か変わったのだろうか?

朝鮮戦争中の1951年1月に発生した国民防衛軍事件では、韓国国民防衛軍司令部の最高幹部ら将校が、国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米や防寒着などを横領し、国民防衛軍の9万名余りの韓国軍兵士が餓死や凍死した事件があっていた。今の韓国軍にも問題を提起している。結果、北朝鮮ミサイルに対抗し威嚇のための迎撃ミサイルは3発撃って1発は発射できず、最近でも5月3日の北朝鮮軍から攻撃され、応戦のK6重機関銃(韓国の銘機)が故障で動かず。軍幹部への賄賂により性能評価通り製造されていない兵器が山のようにあるようだ。最近でも退任者の兵器研究資料の持ち出し事件も生じている。
客観的事実を事実として教えず、政治家の意図した教育と宗教ほど恐ろしいものはない。

 

[ 2020年6月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産