アイコン 韓国 北朝鮮で行き詰まり再び反日に回帰 北朝鮮並みの日本批判

 

スポンサード リンク
 

韓国・聯合ニュースは29日、先進7ヶ国首脳会議(G7)にロシアや韓国などを加える米国の構想に日本が反対の意向を伝えたことについて、韓国大統領府がまるで北朝鮮のように「恥知らずだ」と強く批判したという。
従北左巻きばかりで固めた韓国大統領府のその者は、
「隣国に害を与えることに慣れている日本の過ちを認めず、反省しない一貫した態度にはもう驚きもしない」、
「日本の恥知らずのレベルは世界最上位だ」
と批判し、
「国際社会、特に先進国は日本のレベルをよく分かっているため、(G7拡大構想に)影響はないとみている」
と強調したという。

日本がG7拡大反対のみならず、反日で名高い兪明希産業通商資源部通商交渉本部長の世界貿易機関(WTO)事務局長選出馬に対しても、当然、けん制する態度を見せているため、警告したと見られている。

日本が過去の歴史問題で反省する態度を見せないことも一因とみられると報じているが、戦前の植民地時代、列強欧米諸国のどこの国が謝罪したというのか。当時は弱肉強食の時代だ。戦後、現在でも米軍に守られた自由を謳歌している韓国人たちが、当時につき、現代の感覚で感情移入すべきではない。

韓国政府はこのほど、日本で一般公開された軍艦島などを含む「明治日本の産業革命遺産」に関する情報センターをめぐり、「朝鮮半島出身者の強制徴用を否定する資料が展示されている」と指摘し、「世界文化遺産登録時の約束が守られていない」と抗議していた。
以上、韓国紙参照

韓国はすでに日本を仮想敵国化して軍事訓練も行っている。故に日本にとって韓国は敵となる。以前は、盧武鉉政権(大番頭:文在寅)時代、竹島海域で海洋調査目的で航行していた日本の海洋調査船を攻撃しようとした。日本政府は米軍から通報を受け旋回させ難を逃れた。それから文在寅は何も変わっていないどころかさらにエスカレートさせている。

軍艦時の現実は、日本人労働者や店舗経営者などのほか、在日朝鮮人の人も台湾の人も働いた人たちも差別や朝鮮人たちばかりを酷使したという発言は一切無い。
戦中の日本人の炭鉱労働者は、体格などから兵隊に引っ張れられない人たちばかりを集めており、すでに国内で差別されていることから、台湾人だろうが、朝鮮人だろうが差別する人たちはいない。
原油輸入を列強から遮断され、戦争に突入、唯一のエネルギー源として、みなが労苦に耐え生産したのが現実である。誰もが大変だったことは間違いない事実。

文政権は、北朝鮮との関係が行き詰まり、その鉾先を再び反日に求めている。
文在寅氏も青瓦台も日本に対する金の玉があれば、米国や国際社会など関係なしに北と終戦宣言をかってに行い、堂々と開城工業団地を再開させれば済むもの。
けち臭い姑息な計算ばかりして野壷もしくは虎穴に入り込み自慰っている。
米国に対しても、文在寅氏が大統領外交安保特別補佐官の文正仁に対して「韓国の大統領が出て行けと言ったら(米軍は)出て行かなければならない」と発言させたとおり、追い出したいなら追い出せばいいものを、何をためらっているのか不思議でならない従北文在寅政権である。

何でも世界一の国。反日を生き甲斐にしている韓国、国連制裁違反など反日行為に比べれば、取るに足らぬことではないのだろうか。
「勝手にしやがれ」・・・はゴダール監督の映画。

[ 2020年6月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産