アイコン 自動車電子キーの弱点付く「リレーアタック」で解除・盗難

 

 

最近の車に搭載されている電子キーの機能を悪用し、車を盗む新たな手口が出てきている。
電子キーでは、車にキーを近づけるだけで、キーからの微弱電波を感知した車のドアロックが解除され、エンジンもかけられる。
新手口は、これに目をつけ、キーと車が離れた場所にあっても、特殊な装置「リレーアタック」で電波を読み取り、車に中継し、数秒で作動させるという。警察などが警戒を強める。

リレーアタックはどうすれば防げるのか。
ネットで手口が広まったことで、電波を遮断するキーケースが販売されるようになり、使用すれば効果が期待できる。
自動車専門家は、電波を通しにくいアルミ缶にキーを保管する方法もあるという。
一部の車種では、簡単な操作でスマートキーの設定を変えることができ、キーのボタンを押さないとドアが開かない方式や、スマートキー自体を使用しないモードにすれば、被害を防げる可能性があるという。

「メーカーが対策をとっても、すでに販売された車に導入するのは難しく自衛するしかないだろう。玄関付近などの屋外から電波が届きやすい場所に、キーを置かないように心がけてほしい」と話している。
以上、

スポンサード リンク

車両と鍵の保管場所が近ければ、電子キーからの発信電波を、そのまま増幅中継して、解除するもの。
電子キーからは常時、電波が発信されている。

特に海外でも人気なプリウス、アルファード、ヴェルファイア、ハイエースのスマートキーは要注意。人里離れたヤードで解体され、廃品地金として関税も安価に輸出され、輸出先国で再度組み立てられ、販売されている。ある国では予約でいっぱいだそうだ。アジア・中近東・アフリカ。

常に微弱電波を発信している電子キーを、電波を遮断するケースに入れていれば、リレーアタックで感知できず、この方法では盗難にあわない。

0110_08.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ