アイコン ネットに神奈川県警爆破予告、新潟県警察サーバーから書き込み

 

 

新潟県警察本部のホームページを管理するサーバーが、何者かによって外部から不正に操作され、ここを通じてインターネット上の掲示板に、神奈川県警察本部の爆破予告が書き込まれたおそれがあることがわかった。
18日未明、インターネット上の掲示板に「神奈川県警爆破する」という書き込みが行われ、投稿者の欄には、新潟県警察本部のサーバーから書き込んだことを示すアドレスが記されていたという。

さらに、新潟県警のホームページも一部が改ざんされ、不正な画像が表示されるようになっていた。

このため警察で調べた結果、ホームページ上の警察への情報提供や意見などを書き込む画面のプログラムに欠陥が見つかったということで、何者かが、この欠陥を突いてホームページを管理するサーバーを外部から不正に操り、掲示板への書き込みや改ざんなどを行ったとみられるという。

警察は、欠陥が見つかったプログラムの改修を急ぐとともに、爆破予告が書き込まれた経緯などを詳しく調べている。
以上、

スポンサード リンク

国内の愉快犯、おもしろ犯の犯行だろう。韓国か中国の愉快犯、おもしろ犯の可能性もある。

警察のサイバー部隊は、各都道府県に配置され、実務レベルも取締力もバラバラ、サイバー部隊が、自らの警察のサイバーを守れなくてなんとしよう。

各県にサイバー部隊をおいて置く必要性はまったくなく、警察庁で一括管理すべきではないだろうか。その上でレベルを61398部隊並みに格上げすることが必要ではないのだろうか。全国の担当者らを集めたら膨大な人数にもなる。
世界中の情報がいつでもどこでも見ることができる時代、サイバー部隊を各県に置いておく必要性はどこにもない。税金の無駄でもある。

北朝鮮:ハッキングのほかに韓国や日本に対して情報操作も行っているとされる。
偵察総局121局、「ラザルス(Lazarus)」、「APT10」など総勢1万人弱。
中国:人民解放軍61398部隊だけで数万人、ネットやSNS監視、顔画像監視、偵察、ハッキング、情報操作などの部隊総勢は数十万人。
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ