アイコン 三権分立の文大統領 前最高裁裁判官を逮捕 独裁政権狙う

 

 

韓国の文大統領は24日、積弊清算と称して、朴槿恵、李明博の元大統領が逮捕・起訴したのに続き、前最高裁長官の梁承泰氏を逮捕させた。

「三権の長」経験者3人が、同時期に監獄入りするというすごい韓国の事態となっている。
文在寅政権が「積弊清算」と称して、旧保守政権を糾弾する流れは止まらない。すでに文は司法権を支配、検察を積弊清算の戦闘部隊にしてこき使っている。

元徴用工に対する最高裁判決では、平然と澄ました顔して、シャーシャーと「韓国は日本と同じく三権分立の国だ」と、国内法に優先する国際条約も無視して望みどおりの判決を出させていた。

文政権になり、各省庁の官僚の幹部たちはほとんどが追放され左遷、そのため、外交では素人集団の集まりで機能しなくなっている(中国国賓訪問で大統領一人飯事件を発生させいる)。
軍部も4星将校たち8人のうち7人が交代させられ、特に陸軍に対しては徹底的に疎外し続けている。学術・研究機関も同じ境遇、国立・公立大の総長がほとんど交代させられている(韓国№1の科学工業系大学のKAIST総長は退任要求を拒絶、犯罪人に仕立て上げるべく事件を捏造して検察が捜査開始、即刻総長が100%潔白談話表明、学術誌の英ネイチャーがこうした文政権を批判、海外の研究者らが署名活動を展開してやっと退任を免れている)。

スポンサード リンク

徹頭徹尾、国や国の関連機関は、文大統領に忠誠を誓う人材に入れ替える一方、前政権の朴と李政権にかかわった者たちは犯罪を捏造してまで罪人に仕立て上げ、身の潔白を訴え、これまでに3人の自殺者を出しても、文在寅はその手綱を緩めるどころか強化している。

国民性なのか、文在寅は金正恩とまったく同じ独裁政権を築こうとしているようだ。こわっ。
ロウソク民心隊、労組、市民会議、左派学者たちなどにより、それでも支持率は50%前後と高い。一時は国民が全員、流行り病にかかったような80%という高い支持率を得ていたが、経済問題から最近は落ちている。それでも・・・。
韓国の国民性は磁石のように皆同じ方向を向く特性がある。そのうえ多血。文在寅こそ現在間国民の磁石になっている。磁石の反発力の強さは日本に向けられている。反発力が強くなるほど文在寅の磁石の磁力強度は増す。文磁石の強さにより国民は嘘も信じる。

日本を徹頭徹尾利用している。
ただ、危険なのは、盧武鉉大統領は竹島の日問題や竹島海域での調査船派遣問題で、島根の自衛隊基地を空爆しようと立案したことにある。盧武鉉時代の最高実力者として君臨していたのが文在寅である。米軍が許可しなかったとされている。真偽のほどは別として当時米紙報道していた。実際、竹島海域の調査船は竹島海域に向かわず、針路を急に変えている(米軍から指示があったとされている)。

文在寅政権に対しては、日本政府は、ポイントだけの対応とし、後は完全無視がベストだろう。
北朝鮮問題もいっさい現在の韓国文政権と連携する必要もない。文金はすでに反日共闘している。
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ