アイコン 二階幹事長 韓国国会文議長発言に「いちいちかっかせず無視」と一蹴

 

 

韓国の民族社会主義の文政権は、日本との関係強化の前提に歴史認識の共有=日本政権の土下座謝罪を永遠に求めており、この前提がある限り、日本は韓国に対して関係強化などを求めようがない。
無視・放置。
ただ、日本政府が関わらざるを得ない文政権の要人・重鎮たちの礼節の微塵もない挑発言動により、日本政府も関わらざるを得ない状況を作り出している。

仲の悪い2人の一方が、相手と無理に「遊ぼうよ」と言っているが、一方は相手の魂胆を知っていることから遊ばない。遊んでくれないとしてヒステリー起こす・・・聞かない、見ない、言わない=関与しない。

スポンサード リンク

自民党の二階俊博幹事長は18日、「天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決する」と発言した韓国の文喜相国会議長が、日本側の反発に対し「盗っ人たけだけしい」などと述べたことについて、「日本は盗人ではないことは誰でも承知している。その程度のことを、こちらが真っ赤になって反論する必要はない。無視」と一蹴した。

また、二階氏は、日韓関係について「そんな簡単なもんじゃない。時間をかけて慎重にやっていくほか、仕方がない」と述べた。
以上、報道参照

韓国の現代人が、日韓関係において未来志向の微塵もなく、洗脳され、50年前でも100年前でも1000年前でも平気でさかのぼり、幼少期から洗脳された知識で感情移入し、反日攻撃し続ける限り、日韓政府の関係改善などどこに見つけることができるだろうか、望みようがない。

政権与党の「共に民主党」という民族社会主義政党の恐怖の3文、
文在寅大統領(盧武鉉政権時代から徹底した反日主義者)挺対協と深い関係。
文正仁大統領外交安保特別補佐官(北朝鮮パカの左派政治学者)
文喜相国会議長(単にダラカンデブ)
ぶんぶんぶんとハエのように執拗に反日攻撃をしてくる人たち。

日韓政府間サッカーでは、韓国側は常にゴールポストを移動させ続け、さらにゴールポストを無数用意し、全部ゴールしなければ、日韓関係は改善させず、悪化させると脅迫する人たちが政治を司っている。
そうした人たちの韓国政府のサッカー選手たちとは競技にならず、日韓政府間サッカーそのものが成立しない。

スポンサード リンク
[ 2019年2月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ