アイコン 世界を席巻してきた韓国勢TVも中国勢に抜かれる

 

 

韓国では液晶TVが中国に抜かれたと悲鳴を上げている。韓国がこれまで首位だった分野が次々と中国勢に奪われている。

韓国勢は、すでに液晶ディスプレイは2017年に中国にその座を奪われ、有機ELに軸足を移しているが、スマホの装着率はAPPLEが採用したことで飛躍的に伸びているものの、TVの世界では、まだ圧倒的に液晶TVの出荷量が多い。

有機ELディスプレイは高額スマホのシンボルになっているが、液晶も高性能化しており、世界市場が経済低迷に陥る中、高級路線の有機EL-TVが市場を席巻するほどに成長するには、まだかなりの時間を要する。(有機ELの生産歩留率が大型になるほど悪く、生産コストが上昇する)

過去、日本勢がポイント還元のエコP家電で国内で現を抜かす中、韓国勢が液晶市場を占有、日本は大型高級路線で生き残りをかけたが、中小型で力を付けた韓国勢に大型高級市場でも駆逐された。
歴史は繰り返し、韓国勢が支配した世界のTV市場で、中国勢が猛烈に追い上げ、液晶TVでは、ついに昨年(1~9月)に、中国勢が追い抜かれた。

スポンサード リンク

有機EL-TVの大型ディスプレイの量産技術はLGとサムスン電子にしかなく、LGが圧倒している。そのLGは中国に大型有機ELディスプレイ工場を造っており、今年か来年には操業が開始される。
LGは中国への当工場進出時、知的財産権問題を抱えていたことから、生産技術を中国側に開示した可能性すらある。そのブーメラン現象は以前よりかなりのスピード迫り、どっち道、有機EL分野でも中国勢が台頭することになる。

また、日本勢のTVメーカーの有機EL-TVは、ディスプレイをLGから仕入れ、TV生産されている。中国勢もLGからディスプレイだけ購入し、中国製有機EL-TVが市場占有率を高めることも想定される。(有機EL中小型TVは中国勢もラインアップしている)。
韓国勢が有機EL-TV市場を開拓し、中国勢が果実を頂く、スマホ市場のように。

TVの精密度は、医療画像ではあるまいし、あまり精密度が高くなっても、庶民の視聴に関係ない世界に行き着いている。そうしたところにも低賃金コストの中国勢が、賃金コストがさらに上昇中の韓国勢より優位で立つことになる。

 

LCD(液晶)TV販売台数推移/調査会社:IHS版
 
2016年
2017年
2018年
 
万台
万台
1~9月
シェア
中国
6,599
5,810
4,856
31.9%
韓国
7,473
6,908
4,658
30.6%
日本
2,022
3,469
2,218
14.6%
欧州
530
588
421
2.8%
米国
868
630
358
2.4%
台湾
400
372
289
1.9%
その他
3,256
3,570
2,413
15.9%
合計
22,150
21,350
15,213
100.0%
QLCD(有機EL)TV
260
100.0%
 

 
[ 2019年2月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ