アイコン 九州電力 原発再稼動4年で11年ぶり料金値下げ やっと朗報

 

 

九電はこれまで原発を再稼動させてきたものの値下げせず、原発停止期間の赤字を取り戻してきた。

九電は19日、電気料金を11年ぶりに値下げする方針を明らかにした。値下げ幅は検討中で、早ければ4月にも実施する。
3歳未満の子どもがいる世帯や九州への移住者を対象にした割安な料金プランの新設も検討しており、近く詳細を発表する。

電力小売りの全面自由化で競争が激しくなる中、魅力的な料金設定で顧客の囲い込みを目指すという。
料金値下げは、一般家庭向けの主力料金プラン「従量電灯B」で契約する九州の約400万件を中心に想定している。
九電によると、3歳未満の子どもがいる家庭や移住者向けの料金プランは大手電力会社で初と言い、九州の企業として、地域の抱える少子高齢化や人口減少という課題解決に少しでも役立ちたいとしている。

九電は2008年9月の前回値下げ後、東日本大震災後の原発の稼働停止に伴う経営悪化を受けて、2013年5月に33年ぶりに値上げした。川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)と玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の4基が安定的に稼働する環境が整い、経営効率化が進んでいることなどから値下げを検討する。ただ、大きな値下げにはならないとみている。
なお、停止前に耐用40年以降も再稼動させる予定であった玄海原発の2基は、安全に関わる費用が膨大になることから廃棄を決定している。現在、原発稼動中は玄海3・4号機、川内1・2号機の計4原発。
 

スポンサード リンク
九電の業績推移
連結/百万円
10/3期
11/3期
12/3期
13/3期
14/3期
売上高
1,444,941
1,486,083
1,508,084
1,545,919
1,791,152
経常利益
67,610
66,747
-213,534
-331,206
-131,449
当期利益
41,812
28,729
-166,390
-332,470
-96,096
 
連結/百万円
15/3期
16/3期
17/3期
18/3期
19/3予
売上高
1,873,467
1,835,692
1,827,524
1,960,359
2,025,000
経常利益
-73,693
90,916
94,234
73,678
80,000
当期利益
-114,695
73,499
79,270
86,657
55,000

スポンサード リンク
[ 2019年2月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ