アイコン 三菱自・新型「eKワゴン」とミニSUV「eKクロス」発表 フルモデルチェンジ

 

 

三菱自動車は、ハイトワゴンタイプの軽自動車『eKワゴン』を約6年ぶりにフルモデルチェンジ、同時に新しいSUVテイストのクロスオーバーモデル『eK X(クロス)』を設定し、3月28日から全国の系列販売会社で販売を開始した。

メーカー希望小売価格は
『eKワゴン』が1,296,000~1,506,600円、
『eKクロス』が1,414,800~1,765,800円(いずれも消費税8%込)。

新型『eKワゴン』『eKクロス』は、三菱と日産の合弁会社NMKVが企画・開発マネジメントし、新たな開発・生産プロセスのもと、プラットフォーム・エンジン・CVTといった主要コンポーネントを刷新した新しい軽ハイトワゴン。

スポンサード リンク

三菱の約60年にわたる軽自動車づくりのノウハウと、日産自動車の先進技術を融合した。
『eKワゴン』は、運転のしやすさと快適性の向上による日常での使い勝手の良さに加え、三菱自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」等の先進技術によって、「いつもよりもっと色々な場所へ行ってみたい」というお客様の想いに応えている。

また、『eKクロス』は、三菱ならではのSUVテイストのクロスオーバーモデル。ブランドメッセージ"Drive your Ambition"を体現した三菱らしいSUVテイストのデザインと、新たに採用したHYBRIDシステムによる低燃費で力強い走りを特長としており、「探究心を持って新しいことに挑戦したい」というお客様の気持ちに応える。

0329_06.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年3月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ