アイコン 日本自動車工業会 19年度2%減予想 4年ぶり減、消費税の影響 軽は▲4%減へ

 

 

日本自動車工業会の発表によると、2019年度(19/4~20/3)の国内の新車販売台数は4年ぶりの減少となる見込みだと発表した。

消費税率引き上げの影響は大きくないとして、マイナス幅は2%にとどまる見通し。

2019年度の乗用車やトラック、バスの新車販売は、合計で522万3400台となる見通し。

これは前年度の見込みより10万台余り、率にして2%下回り、4年ぶりの減少となる見通し。

スポンサード リンク

このうち軽乗用車は145万台余りで▲4.1%の減少、軽以外の乗用車は291万台でほぼ横ばいになると見込まれている。

前回の消費税率引き上げの際には、新車販売は▲6%余り減少したが、今回は自動車税が恒久的に減税されることや、燃費性能を基準とした「環境性能割」が導入されることなどから、今年10月の消費税率引き上げによる販売台数への影響は大きくないとしている。

また、世界経済の減速への懸念が高まる中で、国内でも景気の拡大傾向が弱まるのに伴って、新車の需要が押し下げられると見込んでいるともしている。

 
[ 2019年3月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ