アイコン トヨタ 上海ショーで世界初披露 EVの「C-HR」/「IZOA」や「RHOMBUS」

 

 

TOYOTAは16日に開幕した中国の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」/「IZOA」の電気自動車(EV)を世界初披露した。
「C-HR」/「IZOA」のEVは、トヨタブランドとして中国初投入となるEVで、2020年に販売を開始する。
他にもトヨタブースでは、中国初披露となるRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、3月から販売を開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMECで開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を披露した。

また、燃料電池自動車(FCV)についても、トヨタは、プレスカンファレンスで「2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、その他、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていきます」としている。

スポンサード リンク

トヨタは、中国で初披露した「C-HR」/「IZOA」のEV 2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を予定しており、2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、着実に電動車普及を進めるとしている。

2019年2月末現在、1997年販売を開始したHV「プリウス」からの電動車の累計販売台数は約1,300万台となり、CO2排出抑制効果は1億300万トン以上に達したと試算している。

2018年11月、トヨタは、「中国国際輸入博覧会」において、e-Paletteを始めとした「電動化、知能化、情報化」を活用し、人々の生活を支える「新たなモビリティ」を提案している。
これら「新たなモビリティ」は、20東京オリンピック・パラリンピック競技大会で活用予定で、22北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会では、20東京で得た知見を活かし、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会組織委員会と連携の上、大会の成功に向けて尽力していきたいとしている。

0416_09.jpg

 
[ 2019年4月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ