アイコン 中国日産、新型「シルフィ」をスポーツセダン車として発表

 

 

中国で日産を牽引しているのはセダンのシルフィ、シルフィは中国で進化し続け、洗練されている。ただ、日本では売れず、爺様をターゲットに販売している。そのフルモデルチェンジ車がすごいことになっている。日本での販売はどうするのだろうか。

日産は、19上海モーターショーにおいて、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型「シルフィ」を世界初公開した。
新型「シルフィ」は、燃費性能を向上させた新しいパワートレインを採用し、より低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上させたエクステリアデザイン、そして広々として質感の高いインテリアを実現している。
新型「シルフィ」はシームレスなコネクティビティ機能と最新の安全技術によってドライバーをサポートし、そのドライビング体験を向上させている。

「新型『シルフィ』によって、最新の『ニッサン インテリジェント モビリティ』を中国市場に投入します。よりスタイリッシュなデザイン、先進のコネクティビティや安全技術などにより、新型『シルフィ』は市場を牽引するファミリーセダンとして、これまでにない自信とワクワクを提供」と、(退任予定の)副社長のダニエレ スキラッチは述べている。

スポンサード リンク

スポーティな外観が目を引く新型「シルフィ」は、低い重心と流線形のエクステリアデザインにより空気抵抗を低減し、GT-R と同等の Cd 値 0.26 を実現している。
フロントには、日産デザインを象徴する Vモーショングリルを、リヤにはブーメラン型のLEDライトを採用し、サイドは静止しているときでも動きを感じさせるダブルウェストラインを特徴としている。
ダイナミックなエクステリアデザインは、パフォーマンスの向上も予感。新型「シルフィ」は最新のHR16DE 型エンジンとエクストロニック CVT を搭載し、燃費性能を向上させながらリニアでスムーズなドライビングを実現している。また、ハンドリングを向上させ、より安定したドライビングフィールを実現するため、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を高めている。

ワイドスタンスとロングホイールベースによって実現した広々とした室内空間には、人間工学に基づいて設計されたソフトで快適なシートを採用している。
インテリアは、スポーティなブラック、ライトグレー、そして特別色のタンの3色が用意されており、シートにはラグジュアリーな印象を与えるダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれている。

3つの吹出口を備える空調システムも、更なる快適性と利便性を求めてデザインされたインテリアの一つ。
統合スイッチをコントロールすることで、左右のフロントシートとリアシートにそれぞれ送風することができる。
インストルメントパネル中央の8インチモニターに加え、スマートで機能的なデザインのメーターパネルには様々な情報を表示する7インチの高解像度 TFT モニターが装備されている。

新型「シルフィ」は、スマートフォンとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなどコネクティビティ性能も向上させている。
また、安全装置では、インテリジェントトレースコントロールやインテリジェントライドコントロール、踏み間違い衝突防止アシスト、前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)、後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱警報(LDW)、後退時車両検知警報(CTA)、ふらつき警報(インテリジェント DA)など、ドライバーをサポートする最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術や先進の安全装備が多数搭載されている。

 0417_07.jpg

<コンセプトカーEV-IMs&e-PowerIMQ>
中国で初公開
2019年北米国際自動車ショーにおいて初公開されたEVのコンセプトカー「IMs」は、進化したスポーツセダンという新しいセグメントを提案している。
自動運転モードで走行中はステアリングが格納され、広々とした室内で快適なドライビングを提供する。
マニュアル運転モードでは、先進EVならではのワクワクする高性能な走りを楽しむことができる。
クロスオーバーのコンセプトカー「IMQ」には、電動モーターとモーターを駆動するための電気を発電するガソリンエンジンを組み合わせた「e-POWER」を搭載している。
電動モーターのみで駆動するため、100%電気自動車と同様の俊敏で力強い走りを楽しむことができる。
 
0417_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ