アイコン 日本ペイント 豪同業デュラックスを3千億円で買収

 

 

日本ペイントHDは17日、オーストラリアの大手塗料メーカー、デュラックスグループの全株式を、8月中旬をめどに約3000億円で取得すると発表した。

日本ペイントの主戦場で、国内外の売上高全体の4割を占める中国は、米国との貿易戦争が今後とも懸念されている。買収で豪州にも販路を広げ、経営のリスク分散を図る。

同社は、豪州・ニュージーランドの塗料市場は、将来のある地域。(買収で海外事業は)極めて健全な構成になるとしている。

スポンサード リンク

同社によると、両国の塗料市場は先進国でありながら安定的に成長している。買収するデュラックスグループは、両国の塗料市場で首位の販売シェアを誇り、特に建築用塗料ブランドの知名度が高いという。2018年9月期のグループ売上高は約1475億円。

ちと高値買い過ぎ、日本ペイントの経営者たちの脳味噌はアベノミクスでバブル化しているようだ。 ただ、日本は今後とも市場縮小、中国はリスクあり、ジャンプするにはそれしかないのも理解できる。ただ、相手社が医薬品メーカーでもあるまいし高値買い過ぎ。

スポンサード リンク
[ 2019年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ