アイコン ホンタ 上海ショーX-NV CONCEPTを初披露 今秋販売へ

 

 

ホンダは2019上海モーターショーにおいて、中国専用電気自動車(EV)のコンセプトカー「X-NV CONCEPT(エックスエヌブイ コンセプト)」を世界初公開した。

X-NV コンセプトは、ホンダと東風ホンタとの共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデル、2019年後半から発売予定。

また、4月末に広州ホンダより中国で発売予定の「ODYSSEY HYBRID(オデッセイ ハイブリッド)」を初公開しているほか、中国では第2世代となる「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を体験できるブースなどを出展している。

ホンダは、昨年「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」と発表し、広汽ホンダより昨年発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」を始めとして、2020年以降にはプラグインハイブリッド=PHV搭載モデルの投入を予定している。

スポンサード リンク

さらに四輪車以外にも、昨年発表した電動二輪車「V-GO(ブイゴー)」や、電動小型モビリティ「Transcooter(トランスクーター)」など、様々なモビリティにおいて電動化を加速させている。
以上、
中国ではHVは新エネ車の対象車ではない。中国政府が新エネ車設定当時、まだ尖閣問題を引きずっていたことに起因している。

↓X-NV コンセプト
感想:C-HRをおとなしく真似たようなデザイン。(昔はホンダのデザインをトヨタがパクっていたのだが・・・)

0416_11.jpg
 

 
[ 2019年4月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ