アイコン オリックス 19年3月期決算減収増益 不動産堅調 金融と投資事業不調

 

 

同社は決算について、オペレーティング・リース収益に含まれる賃貸不動産売却益およびサービス収入が増加したものの、商品および不動産売上高が減少したため、前連結会計年度に比べて15%減の2,434,864百万円になった。営業費用はサービス費用が増加した一方で、商品および不動産売上原価が減少したため、前連結会計年度に比べて17%減の2,105,426百万円になった。

上記に加え、持分法投資損益および子会社・関連会社株式売却損益および清算損が減少したことから、当連結会計年度の税引前当期純利益は、前連結会計年度に比べて9%減の395,730百万円になった。一方で、大京の未分配利益に対して計上していた繰延税金負債の取崩しがあったことによる法人税等の減少があったことから、当社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べて3%増の323,745百万円になったとしている。
スポンサード リンク

 

オリックス 決算:米方式
連結/百万円
収益
営業利益
←率
税前利益
株主利益
18/3期
2,862,771
336,195
11.7%
435,501
313,135
19/3期
2,434,864
329,438
13.5%
395,730
323,745
19/18比
-14.9%
-2.0%
 
-9.1%
3.4%
20/3期予想
非公開
 
 
 
 
20予/19期比
 
 
 
 
 
17/3期
2,678,659
329,224
12.3%
424,965
273,239
16/3期
2,369,202
287,741
12.1%
391,302
260,169
部門別
事業
収益
前期比
営業利益
前期比
 
法人金融
95,212
-18%
25,482
-48%
メンテンナンス・リース
288,211
4%
38,841
-3%
不動産
529,064
8%
89,247
20%
 
事業投資
615,151
-43%
38,170
-55%
 
生保等リテール
428,904
0%
84,211
13%
 
海外事業
490,730
2%
125,444
18%
 

 

スポンサード リンク
[ 2019年5月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ