アイコン 韓国貿易収支 1ヶ月で黒字転換 半導体輸出好調、中国回復


韓国の5月の輸出額は新コロナ感染拡大の影響で大幅に減少したが、輸入も原油価格の暴落などもあり減少し、貿易収支は黒字を回復した。
韓国の産業通商資源部によると、5月の韓国の輸出額は去年の同じ期間と比べて▲23.7%減少し348億6千万ドルだった。
輸入も▲21.1%減って344億2千万ドルで、差し引いた貿易収支は4億4千万ドルと、4月に99ヶ月ぶりに赤字となってから1ヶ月ぶりに黒字を回復した。

産業通商資源部は、輸入額は減少したものの、半導体の製造装備など資本財の輸入は9.1%増え、生産活動が正常化したことが窺えると説明している。

スポンサーリンク
 

なかでも韓国の主な輸出品目の半導体は、1年6ヶ月ぶりに輸出総額(7.1%増)、1日平均輸出額(14.5%増)ともにプラスに転換するなど好調だった。また、新型コロナ診断キットなどのバイオヘルス分野やコンピューターなどの輸出も好調だった。

産業通商資源部は、「最大の貿易相手国である中国への輸出は新コロナ感染拡大前の水準を取り戻した」とする一方、「アメリカやEUなど主要国での感染拡大が収まれば、輸出は回復するだろう」という見通しを示した。
以上、

メモリ半導体市場がすでに底を打ち、量も価格も上昇していることにあろう。

 

[ 2020年6月 1日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧