アイコン 韓国の膨らむ家計負債  新コロナで企業負債もさらに拡大

 

 

国際決済銀行(BIS)が21日に公開した43ヶ国のGDP比負債比率報告書によると、韓国のGDP比の民間部門(家計+企業)信用の割合は昨年10~12月期基準197.6%で、前四半期の195.0%より2.6ポイント上がった。
シンガポールの7.2ポイント、チリの3.1ポイントに次いで上昇速度が3番目に速かった。2018年10~12月期と比較すると10ポイントも上昇している。

特に家計部門の信用増加速度は比較対象国のうち最も速かった。
GDP比の家計信用の割合は昨年10~12月期基準95.5%で前四半期の93.9%より1.6ポイント高くなった。
香港の1.6ポイントと同水準で増加した。ノルウェーが1.0ポイント、中国が0.8ポイント、ベルギーが0.8ポイントなどと続いた。

2019年の名目GDPは1,893兆ウォン(1兆5,640億ドル)
韓国の1~3月の家計信用残高は1,611兆3000億ウォン(13兆3千億ドル/0.000826ドル//141兆9千億円/0.881円)。前四半期より11兆ウォン、新コロナの影響も加わり前年同期と負債増加の流れは当分続くものとみられる。

特に今年はGDP比の民間部門信用の割合が過去初めて200%を超えるのが有力。新コロナ感染拡大の余波で家計と企業とも借り入れが大幅に増加している。
これに対し経済協力開発機構(OECD)が予測した韓国の今年2020年のGDP成長率はマイナス▲1.2%水準。

韓国銀行によると、5月末基準で銀行の企業向け貸付規模は945兆1000億ウォン。今年に入ってから76兆2000億ウォン増え、すでに昨年の増加幅44兆9000億ウォンを超えた。
特に大企業が5月までで27兆5000億ウォンを銀行から借り入れ、増加傾向を主導した。
昨年の大企業は2兆4000億ウォンの借り入れを純償還していた。

家計向け貸付も大幅に増えた。
5月基準で銀行の家計向け貸付残高は920兆7000億ウォン。今年に入り32兆4000億ウォン増えた。
特に6月には信用貸付が急増している。17日基準で新韓銀行、国民銀行、ハナ銀行、ウリィ銀行、農協銀行の5大銀行の個人向け信用貸付残高は116兆5544億ウォンで5月末より1兆8685億ウォン増えた。すでに5月1ヶ月間の信用貸付増加幅1兆689億ウォンを上回った。家計信用貸付残高は1,611兆3000億ウォン(3月末)。

新コロナ以前から負債が急速に増加していたが、新コロナがこれを加速化させている。


 

[ 2020年6月22日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産