アイコン アシックス 12月決算 ▲203億円の赤字露呈

 

 

昨年初めロイターがアディダスの次はナイキだと記載していたが、マラソン・ジョギングにVAPORFLY4% FLYKNITが大当たりしているようだ。
アシックスは、専門性の高いシューズを得意としているが、一方で安物も販売している。ヨネックスを真似たのか、アシックスが早かったのか、今ではビジネスシューズにも展開している。
やはり、自ら宣伝しなくとも、マスコミが取り上げてくれるシューズの開発が必要ではないだろうか。
世界の著名な各種スポーツ選手とアドバイザー契約し、当該のスポーツ界には浸透しているが、そうでない人たちはいくらでもいる。また、ファッションで取り入れたり、日常のシューズにしている人、飾ったりする人もいる。今の世代、車に乗らぬ分、シューズなどに使うお金はハンパではない。
ここまで大きな売上高を誇っていることから、
新機能・高品質・新デザイン3拍子揃ったシューズも各種スポーツや目的ごとに必要ではないだろうか。
また、日本には3000万人も外国人観光客が押し寄せている。日本でのCMキャンペーンは、国内販売、インバウンド、海外販売に効果が出ると思うが・・・。

スポンサード リンク

退院したら復帰できる、できないに関係なく池江選手と契約して、健康な姿をCMで披露してもらったらいかがだろうか(ミズノだが、スイムに限定されているはず)。
人気・ルックス・清潔性・若さを兼ね備えた俳優やアスリートを起用した日本でのCMが少ないようでならない。

なお、2018年12月期は構造改革費用や減損処理の特別損300億円前後計上したため、最終利益は大きな赤字となっている。
気になるのは、ここ数年、営業利益率が落ちてきているのに、適切な対策が採られ、実行に移されていたのか・・・。

 

アシックス 2018/12期決算内訳
 
売上高
営業利益
/百万円
売上高
前期比
営業利益
前期比
日本
118,250
-1.0%
4,035
-31.4%
米州
90,295
-13.5%
-4,012
(2360黒)
欧州
105,683
-0.6%
5,099
-40.2%
豪・東南アジア
27,155
0.7%
3,685
-9.2%
東アジア
53,358
8.2%
5,381
5.6%
その他
9,283
4.0%
-259
(-253赤)
調整
-17,362
 
-3,414
 
386,662
-3.5%
10,515
-46.3%

 

商品分類別販売高 18/12期
分類
/億円
構成比
パフォーマンスランニング
1,705
44.1%
スポーツスタイル
394
10.2%
コアパフォーマンス
429
11.1%
オニツカタイガー
427
11.0%
アバレル・エクイップメント
451
11.7%
その他
460
11.9%
合計
3,866
 

 

アシックス
連結/百万円
売上高 
営業利益
←率
経常利益
当期利益
15/12期
428496
27448
6.4%
22533
10,237
16/12期
399,107
25,472
6.4%
23,408
15,566
17/12期
400,157
19,571
4.9%
21,738
12,970
18/12期
386,662
10,515
2.7%
8,763
-20,327
18/17期比
-3.4%
-46.3%
 
-59.7%
赤転
19/12期予
390,000
12,000
3.1%
10,000
5,000
19予/18比
0.9%
14.1%
 
14.1%
 黒転

 

 
[ 2019年2月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ