アイコン 現代自動車の中国の第一四半期 苦戦続き、工場閉鎖へ

 

 

現代自動車の中国における第1四半期(1~3月期)の販売台数が、「THAAD報復」の真っ最中だった2017年第1四半期よりも悪化した。第1四半期の実績としては10年ぶりの低い数字。
 
現代自動車が18日に明らかにしたところによると、中国の合弁会社「北京現代」の第1四半期販売台数は13万2,678台で、前年同期の16万2,612台に比べ▲18.4%減少(商用車+輸入車含む)した。

これは、2009年第1四半期の10万9,072台以降で最低の水準。小型乗用車「エラントラ」や小型クロスオーバー・スポーツタイプ多目的車(SUV)「ツーソン」など主力モデルの販売がすべて振るわなかった。
特に、バス・トラックなど商用車を生産する「四川現代」の販売台数は1,210台にとどまり、法人設立(2012年)以来、最悪の実績となった。2017年の同期間の販売台数は1万1,160台だった。四川現代は現在、資本食い込み状態にある。

現代自動車は5月から年間30万台の生産が可能な北京第一工場の稼働を中止するなど、大々的な構造調整に入っている状態。(現代は2016年30万台の河北第4工場、17年30万台の重慶第5工場を完成させている/全5工場での平均稼働率は4割前後)

スポンサード リンク

<起亜自動車>
起亜自動車の中国法人も塩城第一工場を来月から稼働中止する。起亜自動車は同期間8万3,506台販売し、前年同期(8万2,206台)を上回ったものの、増加幅は小さく、3年前の2016年同期の14万3,10台と比較すると半分にしかならない。

業界では、現代自動車が中国でさらなる構造調整に乗り出す可能性が高いと見ている。
中国の自動車メーカー「吉利汽車」が各種先端機能を備えた安価な車で中国市場第3位(シェア7%/2015年のシェアは2%)に浮上し、ホンダ・日産・トヨタなど日本の自動車メーカーが高級車イメージを打ち出した一方で、現代自動車は独自の競争力を確保できなかったためと見られている。
(日本勢が韓国勢の落ち込みを吸収したとの韓国メディアの報道は価格帯が異なり正確ではなく、中国勢が韓国勢の落ち込みを食っているもの。ただ、昨年5月から続く、貿易戦争不買に遭遇している米国勢の落ち込みは日本勢が食っているものと見られる)

<現代・起亜グループの中国における生産体制>
現代・起亜車の生産能力は年間270万台規模。
北京現代の中国での乗用車を生産工場は、北京第1~3工場、(新)滄州第4工場、(新)重慶第5工場など(年産165万台)を運営。
商用車用は四川現代工場(年産16万台)
合計181万台の生産体制。
起亜自動車は、東風悦達起亜が塩城第1~3工場(年産89万台)を運営している。
現代は第一工場を5月閉鎖
起亜は塩城第1工場を閉鎖へ

現代自動車関係者は「中国市場をあきらめることは絶対にできない。常時構造調整を通じて生産台数を弾力的に調整し、中国の消費者の好みに合う新モデルを出す」と語っているという。

有力な中国勢のガソリン車は三菱製エンジンを搭載しており、韓国勢のエンジンも三菱などとの共同開発品のGDIエンジンを搭載、エンジン性能では中国勢も韓国勢も同等。中国勢はトランスミッションなどの性能も増し、コストパフォーマンスで販売を伸ばしてきた韓国勢は、THAAD不買のここ2年で、さらに安価で性能を増した中国勢車との差別化に苦慮している。

<中国における韓国勢の自動車販売状況>

 

 
韓国勢
全中国
 
万台
前年比
万台
前年比
2013年
157.75
17.7%
1,792.89
15.7%
2014年
176.61
12.0%
1,970.06
9.9%
2015年
167.88
-4.9%
2,114.63
7.3%
2016年
179.20
6.7%
2,437.69
14.9%
2017年
114.45
-36.1%
2,471.83
1.4%
2018年
118.05
3.1%
2,370.98
-4.0%
19年1~3
25.14
2.9%
526.28
-13.7%
・乗用車、中国汽車工業協会・工場出荷台数、輸入車含まず。
・韓国勢は現代と起亜自動車。

 

中国のおける韓国社の販売月別推移(乗用車)
 
2017年
2018年
2019年
 
台数
前年比
台数
前年比
台数
前年比
1月
11.01
-11.1%
9.02
-18.0%
6.22
-31.0%
2月
9.12
-1.7%
5.71
-37.3%
6.07
6.3%
3月
7.20
-52.6%
9.75
35.4%
12.85
31.7%
4月
5.10
-65.2%
10.31
101.7%
 
 
5月
5.25
-65.1%
9.03
72.0%
 
 
6月
5.41
-61.9%
11.41
110.9%
 
 
7月
7.00
-36.9%
4.90
-30.0%
 
 
8月
7.60
-38.7%
9.10
19.7%
 
 
9月
12.50
-21.4%
11.11
-11.1%
 
 
10月
12.25
-23.4%
10.60
-13.4%
 
 
11月
14.49
-29.8%
11.10
-23.4%
 
 
12月
17.52
-21.3%
16.01
-8.6%
1~3累計値
年計
114.45
-36.1%
118.05
3.1%
25.14
2.9%
全中国
2,471.83
1.4%
2,370.98
-4.0%
526.28
-13.7%
 ・中国の数値は乗用車の総販売台数。中国汽車工業協会版の工場出荷台数/マークラインズ参考/韓国勢は現代と起亜
 


 

スポンサード リンク
[ 2019年4月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ