アイコン りらいあコミュニケーションズ(株)で不正経理処理 三井物産系

 

 

三井物産系で電話やWebなどを使った顧客対応代行やBPOが主力とし、コンタクトセンター、バックオフィス(事務処理代行)、フィールドオペレーション事業を行う東証一部の「りらいあコミュニケーションズ(株)」で2月8日、監査法人の指摘で不正経理が発覚している。

内部調査で、部門業績を良く見せようとして、平成29年3月期に81百万円、2018年期に4億円の不適正と見られる人件費の付け替えが行われていることが判明。
今後、監査法人の監査を受けた上で、第3四半期の決算公表を行うとし、決算公表は遅れると2月12日リリースしている。
今後、決算修正など行われようが、同社の業績に対する不正額が小さく、決算に与える影響は乏しい。ただ、11月6日当期業績予想を下方修正した今期予想利益の31億円を下回ることになろうか。
スポンサード リンク
連結/百万円
16/3期
17/3期
18/3期
19/3予
売上高
81,500
96,188
109,800
112,800
営業利益
4,621
4,371
5,290
5,300
 同率
5.7%
4.5%
4.8%
4.7%
経常利益
4,685
4,371
5,343
5,400
当期利益
3,101
3,264
3,407
3,100
業績予想は2018年11月6日現在分
 
 しかし、業績は今期苦戦している。

スポンサード リンク
[ 2019年2月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ