アイコン 韓国5G 5日からスタート 日本は周回遅れの来年6月ころか

 

 

日本政府は、掛け声や諮問機関に投げかけ絵を描き公表することは超得意であっても、実際の動きは世界から周回遅れ、技術もなく何も現実的に打ち出しさえできなくなっている。

韓国の通信会社のSKテレコム、KT、LGユープラスの3社は、次世代通信規格「5G」の消費者向けサービスを5日に開始すると発表した。
5Gは、現行の通信規格と比べ、実効速度が約100倍、通信の遅れがほとんど発生せずに大量のデータを一気に送れる。
米国では通信大手ベライゾンが今月11日に開始する予定。
日本は2周回遅れの2020年の東京夏季五輪までに商用化する見通し。

KTの通信料金は、月額5万5千ウォン(約5400円)からで、スマートフォンに対応する5G通信は世界初。データ通信に上限が無いプランの場合、月額8万ウォンから。単純比較はできないが、4Gの同様のプランと比べ6割高い。

LGはフルハイビジョン画質の映画約60本分に相当する500ギガまで5Gを使えるプランを月額7万5千ウォンとする。
韓国最大手のSKは3日に料金体系を発表する。

3社は3月末のサービス開始を探っていたが、韓国政府と料金を巡る調整に時間がかかり、5日に先送りしていた。

スポンサード リンク

5Gのコンテンツは当初はゲームが先行するとみられる。
KTは2日、芸能人との疑似恋愛を楽しむゲームを公表した。
SKは2月に米メディア大手のコムキャストと組み、ゲーム対戦競技「eスポーツ」関連事業の推進を発表しており、ユーザーの囲い込みが激しくなっている。
5G対応スマホを供給する韓国サムスン電子は、「5Gは仮想現実(VR)との連動で新たな市場を生む」と話している。
米調査会社IDCによると、2018年の世界のスマホ出荷台数は前年比▲4%減だった。今年2019年も▲約1%減の見通しで、5Gが通信の高速大容量化を一段と進め、停滞するスマホ市場の巻き返しが期待されている。
以上、

ゲームソフト会社や家庭用ゲーム機器会社も一転する可能性を秘めている。ただ、ゲーム会社は開発コストが上昇するばかり、ヒットしなければ現在より大きなリスクを伴うことになる。

 
[ 2019年4月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ