アイコン コカ・コーラJ-HD 700人募集に950人希望退職 魅力なくなったか

 

 

炭酸飲料が健康志向で減少が続き、伊藤園など茶が売れ、一方で市場をコンビニに食われ、自動販売機は減少し続け、コカ・コーラも多くの対策を採ってきたものの、流れを堰止めることはできず、希望退職の募集を図った。

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(HD)は16日、経営を効率化するため募集していた希望退職に950人が応じたと発表した。

平成30年末の連結従業員数1万7100人の5%超に相当する規模で、募集数の約700人を上回った。

平成31年1~3月期連結決算に関連費用87億円を計上する。

グループ会社に在籍し1年以上勤めた45歳以上の正社員を対象としていた。

退職日は原則4月30日付。

以上、

スポンサード リンク

台湾の健康茶系飲料が世界で売れているという。競争激化は世界で生じているようだ。

日本人は相変わらず西洋被れ、米国のヒット商品やヒット店舗を誘致すれば何でも売れると思っている。しかし、売れず、日本からの撤退も早くなっている。

また、インスタ人気によるヒット、ヒット期間も超短期になりつつある。

スポンサード リンク
[ 2019年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ